おでかけ部

東京からおでかけ

アクアパーク品川の虹色に輝くウォーターカーテンに舞うイルカたち

SPONSORED LINK

アクアパーク品川は品川プリンスホテル内にあり音・光・映像と海の生き物が融合した最新型の水族館です。
四季や昼と夜などタイミングによって色々な楽しみ方が出来るそうです。
今回はそんなアクアパーク品川におでかけしてきました!

目次

マジカルグラウンド

マジカルグラウンドはタッチパネル操作に演出が楽しめるインタライブエリア、水槽と花をスタイリッシュに配置したアトリウムエリア「カラーズ」、メリーゴーラウンド「ドルフィンパーティー」や巨大な海賊船「ポート・オブ・パイレーツ」を楽しめるアトラクションエリアの3つエリアからなるエンターテインメントワールドです。
マダコ、リーフフィッシュ、ゴンズイなどが見られます。

f:id:raptor1117:20170817111401j:plain

かわいい装飾の中を泳ぐイトヒキテンジクダイ。

f:id:raptor1117:20170817111533j:plain

トウアカクマノミ。
ニモで有名なカクレクマノミとは模様と色がちょっと違います。
上から見ると模様がハートマークになっているそうです。

ジェリーフィッシュランブル

ジェリーフィッシュランブルはゆらゆら漂うクラゲと時間や季節ごとに変わる音と光で演出された神秘的な空間です。
アマクサクラゲ、ミズクラゲ、マレーシアシーネットルなどが見られます。

f:id:raptor1117:20170817112259j:plain

ライトアップされたミズクラゲは幻想的です。

f:id:raptor1117:20170817112359j:plain

ゆらゆらと気持ちよさそうに泳いでいます。
レッド、グリーン、ブルーと、色んな色に部屋が変化して幻想的でした。

リトルパラダイス

リトルパラダイスは色とりどりの熱帯魚やサメたちの水槽など9個の水槽群などからなるゾーンです。
定期的にテーマが変わり、何度訪れても楽しめます。
カクレクマノミ、キンギョハナダイ、チンアナゴ、ニシキアナゴなどが見られます。

f:id:raptor1117:20170817112506j:plain

熱帯魚と一緒に泳ぐツマグロ。
サメの一種で背ビレや尾ビレの端が黒いの特徴です。

ザ スタジアム

ザ スタジアムでは直径約25mの円形プールでドルフィンパフォーマンスを楽しめます。
さまざまな模様などを刻むウォーターカーテンや照明などの演出で、季節ごとのテーマ、昼・夜で異なるプログラムを楽しめます。
カマイルカ、バンドウイルカ、オキゴンドウなどが見られます。

f:id:raptor1117:20170817113211j:plain

二匹のイルカの息がぴったりあったテールウォーク。

f:id:raptor1117:20170817113753j:plain

プレゼントを持って運ぶイルカ、かわいいです。

f:id:raptor1117:20170817113908j:plain

イルカの見事なハイジャンプ。

f:id:raptor1117:20170817114018j:plain

スピンジャンプも決まってます。

f:id:raptor1117:20170817114151j:plain

イルカたちが一斉にジャンプ。

f:id:raptor1117:20170817114510j:plain

フィニッシュのウォーターカーテンを舞うイルカたち、感動的です。

イルカたちの水かけパファーマンスもあるので前の3列くらいまではレインコート必須です。

おわりに

アクアパーク品川では他にも天窓からの自然光が差し込むロマンティックな海中トンネル「ワンダーチューブ」や世界のジャングルシーンを凝縮した「アクアジャングル」、ペンギン、アザラシ、カワウソなどが見られる「ワイルドストリート」など見所がたくさんあります。
イルカのショー以外にもペンギン、オットセイ、アシカたちのミニパフォーマンスもあるので、かわいい海の生き物たちに会いに行ってみてください。

information

アクアパーク品川

住所
東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内) (GoogleMap)
アクセス
「品川」駅(高輪口)より徒歩約2分
開園時間
10:00~22:00(最終入場時間は21:00まで)
休館日
無休
入場料
おとな(高校生以上)2,200円
小・中学生1,200円
幼児(4才以上)700円
公式HP
http://www.aqua-park.jp/aqua/