おでかけ部

東京からおでかけ

本格的な南インド料理専門店「ダバインディア」の南インドカレー

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20180116110842j:plain

「ダバインディア」は、京橋にある南インド料理の専門店で、本格的な南インドカレーや屋台料理、タンドール料理を楽しめる人気のお店です。
今回はそんな「ダバインディア」に南インドカレーを食べに行ってきました!

ジョドプールをイメージした店内で頂く本格的な南インドカレー

「ダバインディア」は、インド語(ヒンディー語)で「食堂」を意味し、本格的な南インド料理を食べることができるお店です。
2003年のオープン以来、行列のできる人気店で、東京で一番人気のある南インド料理店です。
お隣の銀座には、姉妹店として、北インド料理専門店「グルガオン」と、タンドール料理、ビリヤニ料理専門店「カイバル」もあり、こちらも有名です。

f:id:raptor1117:20180116110723j:plain

京橋の「ダバインディア」に到着しました。
青紫と薄い黄色の素敵な外観です。
オープンの10分くらい前に到着しましたが、開店を待つ行列ができていました。

f:id:raptor1117:20180116110733j:plain

12時になり、オープンしました。
ライトが付いていい感じです。
お店の中は広いようで、すぐに店内に案内されました。

f:id:raptor1117:20180116110744j:plain

店内は、幻想的なマハラジャの町「ジョドプール」をイメージしているそうで、青紫色で染まった洞窟のような雰囲気です。

f:id:raptor1117:20180116110754j:plain

壁の飾りも南インドの雰囲気を演出しています。

f:id:raptor1117:20180116110803j:plain

カウンター席に案内されました。
木のテーブルには味わいのある模様があり、グラスも壁の色と合わせて透明感のある青色に統一されています。
席は60席ほどあるようです。

f:id:raptor1117:20180116110813j:plain

ホリディランチは、ランチミールス(1,700円)、ドーサセット(1,900円)、ホリディランチコース(2,100円)の3種類です。
ランチミールスは、バナナの葉に盛られた南インドのカレー定食で、ドーサセットは、南インド名物のクレープ料理です。

f:id:raptor1117:20180116110823j:plain

メニューは、南インド名物ティファン料理として、ポテトの香味炒めを包んだクレープ「マサラドーサ」、薄くてクリスピーなドーサ「ペーパードーサ」、自家製チーズとミックス野菜入り「ヴェジタリアンドーサ」、フレッシュパクチーとポテトのグリーンドーサ「コリアンダードーサ」、香菜・ナッツ・ポテト入りの香ばしいお好み焼き「マサラウッタパム」、豆から作る香ばしい揚げ物「ワダ」などがあります。
サラダと前菜は、「ひよこ豆と玉ねぎのサラダ」、「ダバ グリーンサラダ」、「小海老とコリアンダーとディルのサラダ」、トマト・玉ねぎの具をのせた豆せんべい「マサラパパド」、青唐辛子と玉ねぎの辛い揚げ物「チリパコラ」、南インドのポテトコロッケ「アルボンダ」があります。
タンドール料理は、土窯で焼いたインド風ピザ「チーズクルチャ」、スパイスに漬け込んだチキンの土窯焼き「地鶏半羽のタンドーリチキン」、ピリッと辛い骨なしタンドーリチキン2種「チキンティッカプレート」、ガーリックとクミンを効かせた下町風「ラム肩肉のバラカバブ」、ジューシーな粗焼きマトンの串焼き「マトンシークカバブ」、旬のカキをチーズマサラで香ばしく焼いた「カキの炭火焼き」、海老の香味焼き「タンドーリブラウン」、カリフラワーの香味焼き「タンドーリゴビ」、自家製チーズと野菜の暖かいサラダ「パニールと野菜のタンドーリサラダ」があります。
パン・ライスは、強力粉を使ったインドの有名なパン「ナン」、ガーリックとバターの香り高いナン「ガーリックナン」、ココナツ入りのちょっと甘いナン「ココナツナン」、レーズンとカシューナッツ入りの香ばしいパン「カブリナン」、全粒粉の土窯焼きパン「タンドーリロティ」、全粒粉の揚げパン2種「プーリ」、丸く膨らんだ揚げパン「バトォーラ」、インドの最高級香り米「バスマティライス」があります。
南インドのカレー料理は、「マンガロールのカニカレー」、「海老と魚のシャクティマサラ」、「小海老と玉子のカレー」、「カキのガーリックレモンバター」、「タミルの魚カレー」、「ゴアフィッシュカレー」、「シェフのチキンカレー」、「チキンひき肉の辛いカレー」、「タンドーリチキンのグリーンカレー」、「チェティナードチキンカレー」、「ブナチキンマサラ」、「ラム肉と揚げナスのカレー」、「ラムコリアンダーマサラ」、「マトンキーマパクチー」、「南インドの辛いマトンカレー」、「チェンナイポテト」、「ムング豆のダルフライ」、「ナスとオクラのタマリンドカレー」、自家製インドチーズとほうれん草のカレー「サーグパニール」、トマトと生クリームとココナツと自家製チーズのカレー「バターパニールマサラ」、「ドライフルーツ・ナッツと野菜のカレー」、ライスにもよく合う辛く酸味のあるスープ「ラッサムスープ」、スパイシーなマトン入りピラフ「マトンビリヤニ」といろいろあります。
ミールスは、ダバミールスが「チキンカレー」、「魚カレー」、「海老カレー」、「野菜のスパイス炒め」、「サンバルカレー」、「ラッサムスープ」、「プーリ」、「バスマティライス」、「パパド」のセットで、ヴェジミールスが「本日のカレー2種」、「ヨーグルト」、「ピクルス」、「野菜のスパイス炒め」、「サンバルカレー」、「ラッサムスープ」、「プーリ」、「バスマティライス」、「パパド」のセットです。

f:id:raptor1117:20180116110833j:plain

ドリンクは、ビール&ウィスキー、カクテル、ソフトドリンク、白ワイン、赤ワインがあり、濃くてマイルドな南インドの立てミルクコーヒー「マドラスコーヒー」、アッサムティーで作る温かいスパイスミルクティー「マサラチャイ」もあります。
デザートは、インドの家庭で作られるセモリナ粉のケーキ「スージハルワ」、インドで人気のアイスクリーム「クルフィー」、煮詰めた牛乳と小麦粉でつくる伝統的なスイート「グラブジャムン」があります。
「ダバセット」、「ダバパーティ」、「ダバフリードリンクパーティ」というのもあります。

f:id:raptor1117:20180116110842j:plain

ランチミールスをいただきました。
バナナの葉の上に、3種のカレー(チキン、野菜、シーフード)、サンバル、ラッサム、本日のスウィート(ハルワ)、バスマティライス、プーリ(揚げパン)、パパド(おせんべい)が盛られたボリューム満点のセットです。
ラッサム、サンバル、バスマティライスはお代わり自由です。
バスマティライスは、平日はジャポニカ米になるそうです。

f:id:raptor1117:20180116110851j:plain

まずはラッサムスープです。
ラッサムスープは、南インドで日常的に飲まれているおり、トマトなどの野菜やスパイスで作られた酸味と辛みが強いスープです。
タミル語でジュースを意味するそうで、ライスにもよく合います。

f:id:raptor1117:20180116110901j:plain

次にサンバルカレーです。
サンバルカレーは、日本の味噌汁のような存在で、南インドで食べられるスパイスの効いたスープです。
野菜のまろやかさにスパイスが効いて美味しいです。

f:id:raptor1117:20180116110912j:plain

野菜のスパイス炒めです。
さっぱりと酸味があり、カレーのアクセントにちょうどいいです。

f:id:raptor1117:20180116110924j:plain

そしてシーフードカレーです。
海老がたくさん入った具沢山のカレーで、プリプリとした海老にスパイスが効いてとても美味しいです。

f:id:raptor1117:20180116111009j:plain

これがチキンカレーです。
王道のチキンにジンジャーが入ったカレーです。

f:id:raptor1117:20180116111620j:plain

大きなチキンが入っており、程よい辛さでバスマティライスによく合う絶品です。

f:id:raptor1117:20180116111630j:plain

丸いものが2つありますが、小さな方がプーリで、チャパティを揚げた揚げパンでモチモチとした食感で美味しいです。
大きい方がパパドで、インドの薄いせんべいでパリパリとした食感で塩味のような味が付いています。

f:id:raptor1117:20180116111653j:plain

本日のスウィートも一緒になっており、この日は「スージハルワ」というセモリナ粉、ギィ、牛乳、砂糖、カルダモンでできたようかんのような食感のインドのデザートでした。
中にはピーナッツが入っており、とても甘くて美味しいです。

おわりに

南インド料理店「ダバインディア」は、おしゃれな青紫色の空間で、本格的な南インド料理を堪能できる素敵なお店でした。
マスタードシードをはじめ、何種類ものスパイスが絶妙な加減で調合され、コクと旨味とじんわりした辛さを感じる南インドカレーは絶品でした。
南インドでは、菜食が多く、あっさりとした味が日本人にも合うと言われているので、「ダバインディア」のジョドプールをイメージした神秘的な青紫の洞窟の中で、本格的な南インドカレーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

information

ダバインディア(Dhaba India)

住所
東京都中央区八重洲2-7-9相模ビル1F (GoogleMap)
アクセス
東京メトロ銀座線「京橋」駅(5番出口)より徒歩1分
JR「東京」駅(八重洲出口)より徒歩6分
営業時間
月~金:11:15~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~23:00(ラストオーダー22:00)
土・日・祝:12:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日
無休
公式HP
http://www.dhabaindia.com/