おでかけ部

旅で人生を豊かに!東京からおでかけする旅メディア。

レトロな建造物が並ぶ台北最古の問屋街「迪化街」を散策

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20180517111914j:plain

台湾最大の問屋街「迪化街」は、乾物、漢方薬、お茶、布類などの問屋が並ぶ賑やかな通りです。
18世紀末から発展し始め、今でもバロック建築の歴史ある建物が数多く残っており、どこか懐かしい雰囲気が漂っています。
数百メートルの通りにさまざまなお店がひしめき合い、最近ではレトロな建物を生かし、リノベーションしたカフェやかわいい雑貨ショップなども集まり、人気の観光スポットとなっています。
今回はそんな台湾の「迪化街」におでかけしてきました!

美しいバロック様式の建物が並ぶ「迪化街」

「迪化街」は、南は東西に走る「南京西路」から、北は「涼州街」まで南北に延びる600メートルの問屋街です。
美しいバロック様式の建物が並び、ショッピングだけでなく、風情のあるレトロな街並みも楽しむことができます。
旧正月前には、「年貨大街」が開催され、歩くのもままならないほど大変なにぎわいとなるそうです。
また、台湾一の縁結びスポットと言われている「霞海城隍廟」もあり、恋愛が成就したという報告が後を絶たないそうです。

f:id:raptor1117:20180516121639j:plain

朝の迪化街に来ました。
お店はまだオープンしていないので、問屋街としての賑わいはなく、静かな時間です。
広場のようなところに布市場の「永楽布業商場」があります。

f:id:raptor1117:20180516121649j:plain

ヨーロッパ調の建物が並び、情緒ある風景が広がっています。

f:id:raptor1117:20180516121701j:plain

「A.S. Watson & Co.(屈臣氏大藥房)」のビルがありました。
バロック様式の美しい建物です。
ワトソンズビルは、漢方薬局を営んでいた李俊啓氏が1917年に建てた、台湾初の西洋薬局で、香港で薬局を開く屈臣氏から代理権を得て、西洋薬の輸入販売も手掛けるようになったそうです。
ビルの中には、台湾各地やインド、スリランカの本格紅茶が味わえる「ASW Tea house」があります。

f:id:raptor1117:20180516121713j:plain

「迪化街郵便局」がありました。
古民家を思わせる入り口がかわいいです。

f:id:raptor1117:20180516121724j:plain

「永楽市場」の建物です。
布専門ですが、1階には生鮮食品もあるそうです。

f:id:raptor1117:20180516121733j:plain

「老爺素食」というベジタリアンの食べ物屋さんが見えます。
その隣に、縁結びにご利益が絶大と言われる「霞海城隍廟」があります。

f:id:raptor1117:20180516121744j:plain

線香を持って参拝する人の姿も見えます。

f:id:raptor1117:20180516121757j:plain

日本語で「月下老人」についての説明と、参拝方法が書いてあります。
未婚の男女に赤い糸を授け、良き伴侶が得られるよう手助けし、既婚者には、夫婦・家庭円満、人間関係がさらに良くなるというご利益があるそうです。
「月下老人」に祈願するのに最適な日は、2月22日(旧暦1月15日の元宵節)、2月14日(バレンタインデー)、8月9日(台湾のバレンタインデー)、9月15日(月下老人の誕生日)だそうです。
参拝後は、赤い糸と鉛のお金を財布に入れてお守りとして肌身離さず持ち、願いが叶ったら「喜餅」(花嫁のお菓子)を持ってお礼参りに行くそうです。

f:id:raptor1117:20180516121808j:plain

こちらには中国語で参拝方法が書いてあります。

f:id:raptor1117:20180516121817j:plain

金の像「城隍爺」が見えます。
交通安全や仕事運にもご利益があると言われているそうです。

f:id:raptor1117:20180517105322j:plain

「城隍爺」、「月下老人」の他にも、旅の安全や人を悪いことから守ってくれる「義勇公」、家庭円満の神様「城隍夫人」、子宝の神様「註生娘娘」、航行や漁業の守護神「媽祖」、仏教の神様「菩薩」、城隍爺に遣え、悪人を逮捕する神様「謝将軍(七爺)・范将軍(八爺)」などが祀られているそうです。

f:id:raptor1117:20180517105332j:plain

龍が覗く香炉には、たくさんの線香がお供えされています。

f:id:raptor1117:20180517105342j:plain

獅子舞が参拝者を見守っています。

f:id:raptor1117:20180517111823j:plain

ヨーロッパ調の美しい建物が続きます。
洋樓様式と呼ばれる赤レンガの建物は、乾物屋さんの「萬安堂」です。
ドライフルーツなどを売っているそうです。

f:id:raptor1117:20180517111833j:plain

手前に見えるのは、バロック様式の「台湾農産企業公司」と「和億蔘茸有限公司」です。
バロック様式は、曲線や楕円が多く用いられ、豪華な装飾が特徴だそうです。

f:id:raptor1117:20180517111842j:plain

「顔義成商行」です。
細かい彫刻がたくさんあるバロック様式の建物です。

f:id:raptor1117:20180517111853j:plain

隣の「百安堂」は、カラスミなどを販売しているお店です。
こちらもバロック様式の美しい建物です。

f:id:raptor1117:20180517111905j:plain

民生西路を渡った先に「洪春梅西點器具店」が見えます。
お菓子作りの材料や、焼型などを販売しているお店です。

f:id:raptor1117:20180517111914j:plain

赤レンガの綺麗な建物がありました。
カラスミ、ドライマンゴー、パイナップルケーキ、漢方薬などを販売している「花旗坊八仙果」です。
隣には、「偉誠」というカラスミ屋さんがあります。

f:id:raptor1117:20180517111924j:plain

迪化街の歴史などを紹介する「大稲埕故事工坊」がありました。
1924年に建てられた3階建ての建物の前には、カラフルにペイントされたクマの像があります。

f:id:raptor1117:20180517111934j:plain

しいたけを販売する「香菇大王」がありました。
お店の前に大量のしいたけが置いてあります。

おわりに

「迪化街」は、細やかな装飾が素晴らしいバロック様式の美しい建物が並ぶ街でした。
カラスミなどの高級食材、漢方薬、台湾茶、ドライフルーツなどの乾物の問屋街として有名ですが、お店のオープン前の朝に訪れても、時代を感じさせるようなレトロな建物を見たり、「霞海城隍廟」というお寺もあり、楽しむことができました。
「霞海城隍廟」の縁結びの神様「月下老人」は、毎年数千組ものカップルが恋愛成就のお礼参りに訪れるという、縁結びのパワースポットとしてとても有名なお寺です。
問屋街として賑わう前の朝の静かな「迪化街」に、ヨーロッパ調の建築巡りや「霞海城隍廟」の縁結び祈願に訪れてみてはいかがでしょうか。

information

迪化街

住所
台湾台北市大同区迪化街一段 (GoogleMap)
アクセス
MRT松山新店線「北門」駅より徒歩約10分
公式HP
https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003090&id=418

霞海城隍廟

住所
台湾台北市迪化街一段61号 (GoogleMap)
アクセス
MRT松山新店線「北門」駅より徒歩約10分
営業時間
6:16~19:47
公式HP
http://tpecitygod.org/jp-about-xia-hai01.html