おでかけ部

旅で人生を豊かに!東京からおでかけする旅メディア。

光り輝くステンドグラスアートが美しい台湾の「美麗島駅」

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20180416115202j:plain

「美麗島駅」は、台湾第二の都市、高雄の地下鉄MRTの紅線(レッドライン)と橘線(オレンジライン)が交差する乗り換え駅です。
世界最大級のガラスパブリックアート「光之穹頂(光のドーム)」が駅構内にあり、アメリカの旅行サイトで「世界で最も美しい地下鉄の駅」(2012年)で2位に選ばれたこともある美しい駅です。
一日3回光のショーが行われ、計4500枚のステンドグラスを使用した、直径30m、総面積660㎡という世界最大級のステンドグラスアートの色が幻想的に変わります。
今回はそんな台湾の「美麗島駅」におでかけしてきました!

「美麗島駅」の世界最大級のガラスパブリックアート「光之穹頂(光のドーム)」

「美麗島駅」は2008年に完成し、駅構内の「光之穹頂(光のドーム)」は、2本の柱を支柱とし、ドーム型に4500枚のステンドグラスが輝く美しい駅です。
イタリアの著名なステンドグラスアートの芸術家ナルシサス・クアグリアータ(Narcissus Quagliata)氏が、4年半の歳月をかけて製作し、2015年9月からは、ステンドグラスの色が幻想的に変わる光のショーも行われています。
美麗島という名称は、台湾の別名「FORMOSA」からきており、ポルトガル語で「麗しの島」を意味し、台湾がようやく手に入れた民主主義と自由のシンボルでもあるそうです。

f:id:raptor1117:20180416115138j:plain

MRT紅線で「美麗島駅」を目指します。

f:id:raptor1117:20180416115148j:plain

「美麗島駅」の「光之穹頂(光のドーム)」に到着しました。

f:id:raptor1117:20180416115202j:plain

ステンドグラスがキラキラと輝いていてとても綺麗です。

f:id:raptor1117:20180416115218j:plain

真ん中の赤と青の2本の柱は、世界を表しており、青は「陰」であり生命を育む海を、赤は陽であり火山が噴火するような情熱を表し、世界はこの陰と陽の調和によって形成されているという意味が込められているそうです。

f:id:raptor1117:20180416115230j:plain

天井のステンドグラスは、水、土、光、火の4つのテーマに分かれており、宇宙の誕生、成長、繁栄と破壊などそれぞれストーリーがあり、生命を育む「水」、繁栄と成長を象徴する「土」、精神の創造を象徴する「光」、破壊と再生を象徴する「火」と、人間の歴史を描いているそうです。

f:id:raptor1117:20180416115242j:plain

「土」エリアは、真ん中にいる男の胸から木が成長し、人間が自然と共に生きる重要性を指しているそうです。

f:id:raptor1117:20180416115255j:plain

木の枝に咲いているオレンジの花はキワタで、高雄市の花だそうです。

f:id:raptor1117:20180416115307j:plain

青い色調の「水」エリアは、生命の誕生を語っているそうです。
明るい光が中心に描かれており、その光をあびて魚の群れが回り、生命の喜びを享受しているようです。

f:id:raptor1117:20180416115316j:plain

海草のようなものが水中をゆらゆらと漂っています。

f:id:raptor1117:20180416115326j:plain

黄色調の「光」エリアは、創造の光を指しているそうです。

f:id:raptor1117:20180416115337j:plain

「火」エリアは、戦争と死亡をテーマに描き、苦しみを叫んでいる人、愛する家族の死を悼む人がおり、絶望に満ちる暗闇の世界から一羽の鳳凰が火から飛び出し、生まれ変わることを意味しているそうです。

f:id:raptor1117:20180416115348j:plain

毎日3回、光のショーも行われており、鮮やかに変化していく光のドームを楽しむことができます。
光のショーは、11:00、15:00、20:00、土日はプラスで17:00と19:00も上演しているようです。
また、1番から4番の出口は日本人建築家高松伸氏が設計し、パリのルーヴル美術館のピラミッドのような建造物となっています。

f:id:raptor1117:20180416115403j:plain

MRT橘線に乗り換え、次の目的地に向けて「美麗島駅」を後にします。

おわりに

「美麗島駅」は、世界最大級のステンドグラスアート「光之穹頂(光のドーム)」が輝く美しい駅でした。
光のドームは、水・土・光・火の4つのテーマから構成され、宇宙の誕生、成長、繁栄と破壊など、それぞれストーリーが描かれており、2本の柱には陰と陽の調和によって形成された世界を表すなど、深い意味が込められていました。
「美麗島駅」は、高雄で最大規模の夜市「六合観光夜市」の最寄り駅でもあるので、ステンドグラスアートが美しいフォトジェニックな「美麗島駅」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

information

美麗島駅

住所
台湾高雄市新興区中山一路115号 (GoogleMap)
アクセス
MRT紅線・橘線「美麗島」駅構内
開放時間
5:55〜0:25
ショータイム
【月~木曜日】11:00、15:00、20:00
【金曜日】11:00、15:00、19:00、20:00
【土・日曜日】11:00、15:00、17:00、19:00、20:00
公式HP
https://jp.taiwan.net.tw/m1.aspx?sNo=0003121&id=A12-00059