おでかけ部

東京からおでかけ

「マジックスパイス」の元祖スープカレーで辛世界へ

SPONSORED LINK

マジックスパイスは札幌発で、東京、大阪、名古屋に展開するオリジナルスープカレー専門店です。
インドカレー、洋風カレーといったいわゆる一般的なカレーとは一線を画す、全く新しいタイプのカレーで、マジスパの愛称で親しまれています。
今回はそんなマジックスパイス東京下北沢店に元祖スープカレーを食べに行ってきました!

目次

マジスパの宇宙空間から生まれる「インドネシア風スープカレー」

マジックスパイスは1993年に札幌で創業され、スープカレーの名前を生み出した名店です。
2003年8月に札幌から東京に進出し下北沢にオープンし、独特の世界観が人気を博しています。
ソトアヤムをベースに各種のスパイスが効いたクセになる味わいのインドネシア風スープカレーが特徴で、覚醒~虚空の7段階の辛さが選べ、豊富な種類のトッピングもあります。

f:id:raptor1117:20171031120126j:plain

鈴なり横丁(ザ・スズナリ)の路地を入っていくと、マジックスパイス東京下北沢店がありました。
赤を基調にした、エキゾチックな雰囲気が漂う建物です。

f:id:raptor1117:20171031120140j:plain

入り口にはヒンドゥー教の象頭人身の神様「ガネーシャ神」の絵があり、異空間へと誘います。

f:id:raptor1117:20171031120152j:plain

天井には曼荼羅が輝いています。

f:id:raptor1117:20171031120201j:plain

赤を基調にした極彩色の店内は広々としており、70席ほどあります。
案内された席には大仏様が微笑んでいました。

f:id:raptor1117:20171031120213j:plain

アジアン風の装飾で溢れ、マジスパ空間を演出しています。

f:id:raptor1117:20171031120226j:plain

注文の仕方が書いてありました。
まずスープカレーの具を選び、スープをチキンとトマトから選び、辛さを7段階から選び、お好みでトッピングを選びます。

f:id:raptor1117:20171031120238j:plain

カレーはチキン、ポーク角煮、ビーフ、ハンバーグ、モモ(ネパールギョウザ)、シーフード、キーマビーン、ベジビーン、ベジマッシュ、気まぐれカレーがあります。
辛さは「覚醒」(Awakening)魔法薬草辛世界登竜門、「瞑想」(Meditation)第六感を目覚めさせる、「悶絶」(Ecstasy)涅槃に到達前の軽い修行、「涅槃」(Nirvana)摩訶不思議世界への入口、「極楽」(Paradise)涅槃を超えたら即直行、「天空」(Raputa)天に舞う如き意識を誘う、「虚空」(Aumair)最強辛宇宙超感覚覚醒と独特の世界観で表現されています。

f:id:raptor1117:20171031120249j:plain

TOKYOおすすめTOPPINGが書いてありました。
マジックのマッシュ(道産タモギタケ)、麻の実、マジネリ(かまぼこ色々練り物)、はんぺん&こんにゃく、稲荷1丁目(お好み焼き&たこ焼き)、なんこつぼ〜る、味ごっち(味付けタマゴ)、ミニオム(ちいさなオムレツ)、ごっちUFO(未確認焼玉子物体!?)、トロロカンタービレ(トロロ昆布と長芋のデュオ)、しらたき先生、ぷちばーぐ、季節の野菜があります。
他にも、まいたけ、豆腐、かき揚げ、焼のり、山くらげ、モモ(ネパール風餃子)、アラヨットナット(納豆)、フランクフルト、ウインナソーセージ、ロールキャベツ、きっくら元気、ぽてん(ポテトの天ぷら)、フィッシュボール、高野豆腐、ユデたまごっち、ごっちライブ(生たまご)、おふ&ゴマ、お餅、ミートボール、蒸しめん、クイティオ(ライスヌードル)大盛り、オニオンウインナ、あげどーふ、もちきんちゃくん、がんも、ぎーねー、きしめん、くんぷら(海老天)とバラエティ豊かなトッピングになっています。

f:id:raptor1117:20171031120311j:plain

サイドメニューは、泰山ピクルス、ヤムウンセン(タイヌードルのピリ辛サラダ)、どてやき☆マジスパ風、クィティオナーム(タイ風ラーメン)、トムヤムリゾット、黒にんにくなどがあります。
ドリンクは、果肉入りココナツジュース、マンゴー、ライチ、トロピカルMIX、オレンジ、ラッシー、フルーツラッシー、バナラッシー、ココナツミルク、マナオコーラ、マジスパオリジナルブレンドコーヒー、バリスタイル、トラジャ、タイアイスコーヒー、フルーツアイスコーヒー、マジックモカコーヒー、チャイ、グリーンティー、ハーブティー、ウーロンティーと色々あります。
スイーツは、マンゴープリン、ハロハロ、ココナッツケーキ、ココナッツアイス、ナタデココ、黒ゴマ杏仁豆腐、手作りやわらかココプリン、ピスタチオアイスと美味しそうなラインナップです。

f:id:raptor1117:20171031120323j:plain

「マジックスパイス下北沢14周年聖誕祭」というのをやっているようで、聖誕祭メニューが追加されていました。
ベジタブルスープカレーとラムシチューのセット、五種豆と五穀&20品目野菜(大根、人参、玉ねぎ、白菜、キャベツ、なす、ピーマン、かぼちゃ、ヤングコーン、しめじ、えのき、まいたけ、きぬさや、いんげん、ブロッコリー、もやし、とうきび、きゅうり、水菜、トマト)のスープカレーが追加されています。
トッピングは、ガパオライス、バターコーン、白身魚のフライ、パクチー、のり粉ちゃん、豆腐ハンバーグが追加されています。
サイドメニューは、マジカルサラダ、どてやき、てりやきチキンボール、ラムシチューで、デザートはかぼちゃプリンです。

f:id:raptor1117:20171101093827j:plain

まずはラッシーです。

f:id:raptor1117:20171101093840j:plain

スープカレーがきました。
「ビーフ」のチキンベースのスープに辛さは「瞑想」で、トッピングに「季節の野菜」と「もちきんちゃくん」を入れました。
鶏の出汁が良く効いたサラッとしたスープで、カレーというより香辛料の効いた野菜スープといった感じです。
ターメリックライスにはパイナップルがひとかけら乗っています。

f:id:raptor1117:20171101093851j:plain

ゴロッとした大きなビーフが入っており、ホロホロとほぐれる柔らかさです。

f:id:raptor1117:20171101093902j:plain

トッピングの餅巾着もボリュームがあります。

f:id:raptor1117:20171101093913j:plain

こちらは、「キーマビーン」のトマトベースのスープに辛さは「悶絶」で、トッピングに「オニオンウインナー」と「はんぺん&こんにゃく」と「ポテン」が入っています。
トマトベースのスープもコクがあって美味しいです。

f:id:raptor1117:20171101093926j:plain

トイレの入り口にも立派なガネーシャ神様がいました。

f:id:raptor1117:20171101093936j:plain

トイレ内の天井も装飾されていて、綺麗でした。

f:id:raptor1117:20171101093946j:plain

夕方になると店内が薄暗くなり、間接照明が照らし出して、よりエキゾチックな雰囲気が漂います。

おわりに

マジックスパイスのスープカレーは、一般的なスープカレーとは全く違うオリジナルで、他では味わえないクセになってしまう美味しさでした。
トッピングもとにかくたくさんあり、エンタテインメント溢れるマジスパ世界観は何度来ても楽しめそうです。
今度はおすすめの辛さ「涅槃」にも挑戦してみたいですね。

information

マジックスパイス 東京下北沢店

住所
東京都世田谷区北沢1-40-15 (GoogleMap)
アクセス
小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅より徒歩約6分
営業時間
月~金:ランチ11:30~15:00、ディナー17:30~23:00
土・日・祝:11:30~23:00
定休日
火曜日、水曜日
公式HP
http://www.magicspice.net/