おでかけ部

旅で人生を豊かに!東京からおでかけする旅メディア。

ミシュランガイド掲載「むぎとオリーブ」の鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20171225173033j:plain

「むぎとオリーブ」は、ラーメン店としては初めてミシュランガイドのビブグルマンに選ばれ、醤油テイストのあっさりとしたラーメンが人気のお店です。
今回はそんな「むぎとオリーブ」に新感覚のラーメンを食べに行ってきました!

フレンチのエッセンスを取り入れた極上ラーメン

「むぎとオリーブ」は、2014年2月に銀座にオープンし、おしゃれな見た目であっさりとしたラーメンが女性にも人気を博しています。
フレンチ出身のシェフによる、産地にこだわった食材を使い、フレンチのエッセンスを取り入れた独自のラーメンが特徴です。

f:id:raptor1117:20171225172925j:plain

銀座の「むぎとオリーブ」に着きました。
オープン時間の11時半に到着し、開店一巡目で中に入れました。
後ろにはすでに列ができています。

f:id:raptor1117:20171225172937j:plain

打ちっぱなしのコンクリートに、木製の看板とドアがカフェの様な趣で、ラーメン屋とは思えない佇まいです。
ロゴもおしゃれでかわいいです。

f:id:raptor1117:20171225172947j:plain

ドアの隣にはメニューもあります。

f:id:raptor1117:20171225172957j:plain

店内は綺麗なカウンターが並んでおり、女性でも安心して入店できる雰囲気があります。

f:id:raptor1117:20171225173010j:plain

食券を買い、カウンター席に案内されました。

f:id:raptor1117:20171225173021j:plain

メニューは、鶏SOBA、特製鶏SOBA、蛤SOBA、特製蛤SOBA、鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA、特製鶏・煮干・蛤のトリプルSOBA、濃厚卵のまぜSOBA、特製濃厚卵のまぜSOBA、鶏と蛤の濃厚つけ麺、特製鶏と蛤の濃厚つけ麺となっています。
鶏SOBAは、大山鶏ガラと丸鶏を大量に使った雑味のないキレのある黄金スープで、ベースの醤油には埼玉、群馬、香川の老舗醤油メーカーのこだわり醤油を最適にブレンドした完全オリジナルだそうです。
蛤SOBAは、三重県桑名市から直送した蛤100%の魚介スープで、大山鶏の醤油で味わいが引き立つそうです。
鶏・煮干・蛤のトリプルSOBAは、鶏・煮干・蛤の各スープをベストな割合でブレンドした醤油テイストのスープだそうです。
濃厚卵のまぜSOBAは、黄身の濃い卵をのせた濃厚な醤油テイストの味で、鶏と蛤の濃厚つけ麺は、超濃厚な鶏ポタスープに濃縮した蛤スープをブレンドした濃厚なつけ麺だそうです。

f:id:raptor1117:20171225173033j:plain

鶏・煮干・蛤のトリプルSOBAをいただきました。
やや硬めの中細ストレート麺の上に、鶏チャーシュー、蛤、かまぼこ、長芋、三つ葉、のりが乗っており、見た目も華やかでおしゃれなラーメンです。

f:id:raptor1117:20171225173043j:plain

あっさりとした醤油テイストのスープは、蛤の旨みと香りが広がり、大山鶏と煮干しのだしがうまく重なり合って極上のハーモニーとなって味覚を包みます。
低温で調理された鶏チャーシューは、肉厚で柔らかく、スープとの相性もバッチリで、とっても美味しいです。

おわりに

「むぎとオリーブ」は、大山鶏を使った黄金スープや、桑名から直送される蛤を使ったスープなどをベースに、ヘルシーなオリーブオイルを味のアクセントに使った新感覚のラーメンでした。
ミシュランガイドにビブグルマンとして掲載され、女性客の比率も高く、行列ができる人気店なので、ぜひ一度食べに行って見てくださいね。

information

むぎとオリーブ 銀座本店

住所
東京都世田谷区北沢2-10-10 イサミヤビル2F (GoogleMap)
アクセス
東京メトロ都営浅草線「東銀座」駅(A1出口)より徒歩5分
営業時間
平日:11:30~22:00(ラストオーダー21:45)
土・祝日:11:30~21:00(ラストオーダー20:45)
定休日
日曜日
公式HP
https://twitter.com/mugiori