おでかけ部

東京からおでかけ

紺碧の海に切り立つ断崖絶壁「東尋坊」と朱塗りの橋を渡る神の島「雄島」

SPONSORED LINK

東尋坊は三国町の海岸線約1kmにわたり続く、波の浸食によってカットされた断崖絶壁で、国の名勝・天然記念物に指定されています。
近くには岩石でできた「雄島」があり、人の手が加えられていない神の島とあがめられています。
今回はそんな東尋坊と雄島におでかけしてきました!

目次

自然が織り成す芸術美「東尋坊」

東尋坊の岩は複輝石安山岩の柱状節理で、地質学的にも珍しい奇岩で世界にも東尋坊を含め3箇所しかないといわれています。
東尋坊という名前の由来は東尋坊という名の僧の悲しい昔話が由来として伝わっているそうです。
太陽が水平線に沈んだ直後、緑色の光が一瞬だけ放たれる「グリーンフラッシュ」という現象も年に数回見られるそうです。

f:id:raptor1117:20170825104917j:plain

名勝の東尋坊に着きました。

f:id:raptor1117:20170825105006j:plain

「ロウソク岩」です。
この岩の上に夕陽が重なるとろうそくが灯ったように見える岩です。

f:id:raptor1117:20170825111611j:plain

西日が海面に反射して綺麗です。

f:id:raptor1117:20170825111642j:plain

「千畳敷」です。
昔、砕石が行われていた場所で、ここの石は三国港近くの防波堤の基礎石などに使われているそうです。

f:id:raptor1117:20170825112226j:plain

安山岩と柱状節理の説明もあります。

f:id:raptor1117:20170825112316j:plain

見事な柱状節理の「屏風岩」です。

f:id:raptor1117:20170825112637j:plain

先端の方まで行けます。

f:id:raptor1117:20170825112744j:plain

水面から25mもの高さがある「大池」です。
岩場から海を覗き込むと足がすくみます。

f:id:raptor1117:20170825112954j:plain

海から見た東尋坊のマップもありました。

自然豊かな散策路「雄島」

雄島は東尋坊の先、周囲約2キロの越前海岸でもっとも大きな島で、朱塗りの大橋を渡り石段を登ると、歴史の古い神聖な大湊神社があります。
約1キロある遊歩道では樹齢100年を超える大木や海食による崖など、東尋坊とはまた異なった景色を楽しむことができます。

f:id:raptor1117:20170825113514j:plain

長さ220mの雄島橋を渡って雄島に向かいます。

f:id:raptor1117:20170825113626j:plain

雄島に着きました。

f:id:raptor1117:20170825113649j:plain

鳥居をくぐって石段を登ると大湊神社があります。

f:id:raptor1117:20170825113732j:plain

雄島の「探検の小径」のマップです。

f:id:raptor1117:20170825113827j:plain

朱塗りの雄島橋が綺麗です。

f:id:raptor1117:20170825114341j:plain

神の島へと続く橋のようです。

f:id:raptor1117:20170825114501j:plain

雄島に西日が落ちてきました。

f:id:raptor1117:20170825114816j:plain

日本海に落ちる夕焼けも見られました。
オレンジ色に染まった空に沈む夕日は絶景でした。

おわりに

東尋坊は高さ55mの東尋坊タワーや、周辺の奇岩をめぐる遊覧船からも景観が楽しめるので、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

information

東尋坊

住所
福井県坂井市三国町東尋坊 (GoogleMap)
アクセス
JR「芦原温泉」駅より京福バス東尋坊線で約1時間
北陸自動車道「金津IC」より車で約20分
公式HP
http://www.mikuni.org/tojinbo/

雄島

住所
福井県坂井市三国町安島 (GoogleMap)
アクセス
JR「芦原温泉」駅より京福バスで約35分
北陸自動車道「金津IC」より車で約25分
公式HP
http://www.fuku-e.com/010_spot/index.php?id=468