おでかけ部

旅で人生に彩りを!ワクワクをシェアする旅メディア。

庭園

嵐山の雄大な借景が広がる「天龍寺」の紅葉が映える絶景庭園

「天龍寺」は、京都の観光地・嵐山に門を構える寺院です。 夢窓国師の作といわれる亀山と嵐山を借景にした池泉回遊式の庭園「曹源池庭園(そうげんちていえん)」が有名で、日本初の国の史跡・特別名勝に指定された名庭園です。 「古都京都の文化財」として…

「青蓮院門跡」の雅な庭をライトアップする神秘的な青の煌めき

「青蓮院門跡」は、京都の中でも有名寺社や史跡、名勝が多く観光地としても有名な東山にある寺院です。 天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡の一つとして古くより知られ、現在は天台宗の京都五箇室門跡の一つに数えられ、古くより皇室と関わり深く格式の高い門…

高台寺塔頭「圓徳院」の岩と紅葉が織り成す庭園美

「圓徳院」は、高台寺の塔頭寺院のひとつです。 豊臣秀吉の妻、北政所ねね終焉の地であり、伏見城の化粧御殿と庭園を移築した北書院北庭は、小堀遠州作の巨石を多く配置した枯山水庭園で、国の名勝にも指定されています。 長谷川等伯筆山水図襖絵(復元画)…

豊臣秀吉公ゆかりの寺「高台寺」のライトアップされた艶やかな紅葉

「高台寺」は、豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が、秀吉の菩提を弔うために建立されたお寺です。 創建当時の姿が残る開山堂、霊屋、傘亭、時雨亭、観月台などが重要文化財に指定されており、江戸初期の総合芸術家の小堀遠州の作庭と伝わる池泉回遊式庭園…

徳川家康公ゆかりの古寺「圓光寺」の洛北最古の池の水面に浮かぶ美しい紅葉

「圓光寺」は、静かな山里が広がる京都市左京区の一乗寺エリアにある寺院です。 徳川家康によって京都伏見に開設された学問所が起源となっているお寺で、雲海を駆け抜ける龍を表現した枯山水庭園「奔龍庭」や、洛北で最も古い池と言われる栖龍池のある池泉回…

小さな桂離宮「曼殊院門跡」の枯山水庭園を包む雅やかな紅葉

「曼殊院門跡」は、比叡山南西麓に位置する門跡寺院です。 桃山様式の勅使門に玄関、本堂、書院、茶室などが悠然と続く洛北屈指の名刹です。 本堂の書院に面した枯山水庭園は枯滝と鶴島・亀島の絶妙な配置で名勝に指定されており、国宝である「黄不動画像」…

「蓮華寺」の池泉回遊式庭園に映る華やかな紅葉

「蓮華寺」は、京都市の左京区に位置する寺院です。 本堂前に六角形の急勾配の笠をつけた「蓮華寺型石灯籠」があり、書院からは、石川丈山作とも言われる池泉回遊式庭園を眺めることができます。 紅葉の時期には、山門をくぐると見事な紅葉が広がり、庭園の…

「瑠璃光院」の書院の机に写る絢爛たる紅葉美

「瑠璃光院」は、京都の八瀬に佇む、無量寿山光明寺の「京都本坊」の寺院です。 普段は非公開ですが、年二回、春と秋に特別公開しており、秋の紅葉と春の青もみじがインスタ映えすると話題のスポットとなっています。 新緑や紅葉が書院の机に反射した美しい…

「永観堂」の闇夜に浮かぶ幽玄な極楽橋と逆さ紅葉

「永観堂」は、数ある京都紅葉名所の中でも、古今和歌集に「モミジの永観堂」と詠まれるほどの紅葉の美しさで知られるお寺です。 約3000本のイロハモミジやオオモミジが池泉回遊式庭園を艶やかに彩り、重要文化財の「みかえり阿弥陀如来」や国宝の「絹本着色…

南禅寺塔頭「天授庵」の静寂な庭に燃ゆるライトアップされた紅葉

「天授庵」は、南禅寺の境内に作られた小寺院です。 南禅寺には「天授庵」以外にも「金地院」「南禅院」など多くの塔頭があり、「天授庵」は三門の東側にあります。 「天授庵」には、池泉回遊式庭園と枯山水庭園の2つの庭園があり、紅葉の時期は夜間拝観やラ…

通天橋に紅い雲海が広がる「東福寺」の美しい紅葉

「東福寺」は、摂政九條道家が創建した臨済宗東福寺派の大本山です。 伽藍や塔頭が広い境内に並び、禅堂、浴室、東司、愛染堂など重要文化財の建築も多く、国宝の現存最古の三門や、国指定名勝の本坊庭園など見所も多くあります。 京都を代表する紅葉の名所…

華やかな桜が咲き香る都心のオアシス「新宿御苑」でお花見

新宿御苑は、東京都の新宿区と渋谷区に位置する国民公園で、日本さくらの名所百選にも選ばれている都内随一の桜の名所です。 広大な敷地には、約65品種、1100本もの桜があり、早咲きの桜から遅咲きの桜まで長い期間お花見が楽しめます。 2月中旬から4月下旬…

鬱蒼とした樹林が茂る都会のオアシス「等々力渓谷」で森林浴

等々力渓谷は、谷沢川で構成された約1kmの渓谷で、東京23区内で唯一の渓谷です。 都内とは思えない自然豊かなスポットで、東京都の名勝にも指定されています。 今回はそんな等々力渓谷におでかけしてきました!

加賀百万石の文化を映す廻遊式庭園「兼六園」

兼六園は日本三名園の一つに数えられる、廻遊式の庭園です。 江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。 今回はそんな兼六園におでかけしてきました!

一乗谷朝倉氏遺跡で戦国時代の越前城下町にタイムスリップ

一乗谷朝倉氏遺跡は戦国時代に朝倉氏五代が103年間にわたって越前の国を支配した城下町跡です。 武家屋敷・寺院・町屋・職人屋敷や道路に至るまで町並がほぼ完全な姿で発掘され、国の特別史跡・特別名勝・重要文化財に指定されている大変貴重な遺跡です。 今…

六義園のライトアップされた幻想的な庭園と紅葉

六義園(りくぎえん)は、回遊式築山泉水の江戸期を代表する大名庭園で国の「特別名勝」に指定されています。 紅葉の時期になるとイロハカエデ約400本、ハゼノキやイチョウなど約560本が庭園を彩り、夜にはライトアップされた幻想的な景観を楽しめます。 今…