おでかけ部

旅で人生に彩りを!ワクワクをシェアする旅メディア。

下北沢の紅茶カフェ「8 jours」の素敵な香りのミルクティー

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20190401144027j:plain

「8 jours」は、下北沢にある、こだわりが詰まった紅茶専門店です。
オリジナルフレーバーティーで作ったロイヤルミルクティーや、紅茶を使ったおやつを楽しむことができます。
お店の名前の「8 jours(エイトジュール)」は、フランス語で「8日」という意味で、毎月8の日には季節に合った紅茶や食事の新メニューが登場します。
白を基調としたシンプルな雰囲気の店内には、こだわりのインテリア雑貨が並び、バリエーション豊富な紅茶と、紅茶に合うスイーツを楽しめます。
今回はそんな「8 jours」で美味しい紅茶とスイーツをいただいてきました!

紅茶専門店「8 jours」のロイヤルミルクティーとシフォンケーキ

古着屋やカレー屋などが集まるおしゃれエリアの下北沢にある「8 jours」は、2012年6月8日にオープンした紅茶カフェです。
もっと気軽にいろいろな紅茶を楽しんでほしいという思いから始めたお店だそうで、セットメニューには食前、食後で紅茶が付きます。
2018年5月8日には、川越に「8 jours」2号店をオープンし、「ひみつのアトリエ」をテーマに下北沢とは違った紅茶のおやつを提供しているそうです。

f:id:raptor1117:20190401143821j:plain

下北沢の一番街にある紅茶カフェ「8 jours」に来ました。
入り口には観葉植物が飾られ、エイジング塗装された扉は風合いが出ています。

f:id:raptor1117:20190401143835j:plain

店内に入ると、白を基調としたナチュラルな雰囲気で、壁にはおしゃれな小物が飾られています。

f:id:raptor1117:20190401143847j:plain

店名の「8 JOURS」と並べられたアルファベットオブジェもあります。

f:id:raptor1117:20190401143857j:plain

期間限定のメニューとして、ピスタチオの香るミルクティー「ピスタチオの女王」にもこもこのいちごクリームを合わせた「もこもこミルクティー」、メイプル、ジャスミン、ローズ香るミルクティー「わたしをパリに連れていって」にもこもこのいちごクリームとチョコレートを合わせた「もこもこチョコミルクティー」、「8 jours」のミルクティーとクレームブリュレのセット「愛しきパリの香り」、「ピスタチオの女王」をロイヤルミルクティーで仕上げた「ピスタチオの女王」、ラムとカスタードの香りが広がるロイヤルミルクティー「わたしのプリンはどこ??」、メイプル、ジャスミン、ローズ香りが広がるミルクティー「わたしをパリに連れていって」があります。

f:id:raptor1117:20190401143909j:plain

期間限定のスイーツは、アールグレイとピスタチオの女王を使った紅茶のシフォンケーキ「東京の冬のシフォン」、アールグレイをクリーム、パンケーキ、シロップに使った「アールグレイとチョコといちごのパンケーキ」、アールグレイ、ウバ、ピスタチオの女王、わたしをパリに連れていっての4種類の紅茶を使った「いちご時々チョコのパルフェ」、ピスタチオの女王と日替わりで茶葉を変えて作るミルクティーブリュレ「焼きいちごとミルクティームースのタルト」があります。

f:id:raptor1117:20190401143924j:plain

「8 jours」のセットメニューには、紅茶が2杯付き、食前、食後で違う紅茶を選べるそうです。
食前の紅茶は、茶葉を楽しむ紅茶「ニルギリ」、香りを楽しむ紅茶「りんご」、フランボワーズ、オレンジ、バニラの香りの「パリの思い出」、メイプル、ジャスミン、ローズの香りの「わたしをパリに連れていって」から選べ、食後の紅茶は、「ニルギリ」、「りんご」、「ロイヤルミルクティー」、「パリの思い出」のミルクティー「パリに憧れたミルクティー」(ICEのみ)、メイプル、ジャスミン、ローズの香りのミルクティー「わたしをパリに連れていって」(ICEのみ)、ラムとカスタードの香りが広がるミルクティー「わたしのプリンはどこ??」(ICEのみ)から選べます。
茶葉を楽しむ紅茶は、茶葉の味を楽しむ紅茶で、甘みや渋みを楽しめ、香りを楽しむ紅茶は、茶葉の香りを楽しむ紅茶で、「8 jours」のセレクトした季節ごとのおすすめの香りを楽しめ、ロイヤルミルクティーは、HOTはアッサムでまろやかに、ICEはニルギリですっきり、食事に合うように仕上げたロイヤルミルクティーだそうです。

f:id:raptor1117:20190401143938j:plain

「8 jours」のミルクティーとして、「パリに憧れたミルクティー」、「パリの女の子のミルクティー」、「パリでさくら想うミルクティー」、「素敵な小旅行」、「ピスタチオの女王」、「わたしのプリンはどこ??」、「わたしをパリに連れていって」があり、「8 jours」の紅茶として、「パリの思い出」、「パリの道標」、「華の都」、「望郷」があります。
茶葉を楽しむミルクティーとして、「ニルギリ」、「アッサム」、「ディンブラ」、「ウバ」、「ルールコンドラ」があり、香りを楽しむミルクティーとして、「いちご」、「ジャスミン」、「桃」、「マスカット」があり、和みのミルクティーとして、「抹茶 いちごの香り」、「桃香るチャイ」、「チャイ」、「くるみチャイ」、「黒豆とルイボスのロイヤルミルクティー」、「ショコラオランジュミルクティー」、「マシュマロメイプルミルクティー」、「キャラメルマショマロミルクティー」があります。

f:id:raptor1117:20190401143952j:plain

「8 jours」のオリジナルフレーバーの7種類は実際に茶葉の香りを嗅いで選ぶことができます。
「パリの思い出」はフランボワーズ、オレンジ、バニラ、「パリの道標」は、フランボワーズ、ローズ、バニラ、「華の都」はフランボワーズ、さくら、バニラ、「望郷」は抹茶、桃、バニラ、「ピスタチオの女王」はピスタチオ、「わたしをパリに連れていって」は、メイプル、ジャスミン、ローズ、「わたしのプリンはどこ??」はラム、カスタードの香りです。

f:id:raptor1117:20190401144004j:plain

まずは、食前の紅茶、「パリの思い出」と「ニルギリ」が来ました。
「パリの思い出」は、パリで飲んだ紅茶が忘れられなくて、紅茶に魅了されるきっかけになった思い出を再現したそうで、フランボワーズ、オレンジ、バニラが香る甘酸っぱく、爽やかな香りの紅茶です。
「ニルギリ」は、シンプルで飲みやすい紅茶らしい紅茶で、色々迷ったらニルギリにしてみるといいそうです。

f:id:raptor1117:20190401144016j:plain

期間限定スイーツの「東京の冬のシフォン」(1,600円)が来ました。
紅茶のシフォンケーキにピスタチオ香る「ピスタチオの女王」を加えたガナッシュを合わせて、いちごクリーム、いちごとフランボワーズのコンポートが盛り付けられています。

f:id:raptor1117:20190401144027j:plain

アールグレイとピスタチオが香るふわふわのシフォンケーキに、甘酸っぱいいちごとフランボワーズが絶妙で、紅茶によく合います。

f:id:raptor1117:20190401144042j:plain

こちらは、「焼きいちごとミルクティームースのタルト」(1,580円)です。
いちごのコンポートを加えて焼き上げたタルトにピスタチオ香る「ピスタチオの女王」のミルクティームースを重ねて、チョコレートが合わせてあり、小さなミルクティークレームブリュレも付いています。

f:id:raptor1117:20190401144057j:plain

サクサクのタルトにピスタチオ香るミルクティームースとチョコレートが合わさり、とっても美味しいです。

f:id:raptor1117:20190401144111j:plain

食後には、ほっと温まる「ロイヤルミルクティー」をいただきました。

おわりに

紅茶カフェ「8 jours」は、オリジナルフレーバーティーで作ったロイヤルミルクティーや、紅茶を使った美味しいスイーツを味わえるお店した。
ナチュラルな雰囲気の店内には、趣の異なるテーブルが置かれ、小さな雑貨などが可愛く飾られ、素敵にデコレーションされていました。
コテ跡をあえて残した土壁やアンティーク感のある床板が、温かみのある安らぎの空間を作り出し、ゆったりとくつろぐことができました。
毎月8日に、季節に合わせた新作スイーツや旬の紅茶が登場し、期間限定のシフォンケーキやタルトはとても美味しく、食前と食後にいただく紅茶とよく合い、至福のひとときでした。
下北沢の紅茶カフェ「8 jours」の素敵な香りのミルクティーと紅茶に合うスイーツで、安らぎのティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

information

8 jours(エイトジュール)

住所
東京都世田谷区北沢2-37-17 1F (GoogleMap)
アクセス
小田急小田原線、京王井の頭線「下北沢」駅西口、北口より徒歩約5分
営業時間
11:08~18:08
定休日
木曜日
公式HP
http://8jours.jimdo.com/