おでかけ部

旅で人生を豊かに!東京からおでかけする旅メディア。

神保町「欧風カレー ボンディ」の濃厚でまろやかな欧風カレー

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20181015180803j:plain

「欧風カレー ボンディ」は、日本有数のカレーの街として有名な神保町にある、欧風カレー専門店です。
オリジナルブレンドのスパイスに、豊富な乳製品と何種類もの野菜やフルーツをすり合わせることで、まろやかな甘みとコクのある味わいを生み出したフランス仕込みの欧風カレーが特徴です。
カレーポットにたっぷりと入ったルーとチーズが乗ったライスに、バターが添えられたじゃがいの付いたボンディのカレーは、東京でも屈指の人気を誇るカレーです。
今回はそんな「欧風カレー ボンディ」にカレーを食べに行ってきました!

行列のできる「欧風カレー ボンディ」のビーフカレーとポークカレー

「欧風カレー ボンディ」は、カレーのお店がひしめく街・神保町でも「エチオピア」「共栄堂」と並び「神保町カレー御三家」と呼ばれる老舗の名店です。
昭和48年(1973年)創業で、創業者の村田紘一氏がフランスへ渡り、現地の料理店で働いた際にソースの奥深さに魅了され、ブラウンソースをベースに作ったのがボンディの「欧風カレー」です。
伝統的なカレーポットに入った欧風カレーに、ライスにはゴーダチーズが乗り、茹でたじゃがいもも付いたボンディの欧風カレーは、行列ができるほどの人気を誇っています。

f:id:raptor1117:20181015180527j:plain

神保町交差点の近くにある「欧風カレー ボンディ」に来ました。
神保町は、世界一の古本街でもあり、本を片手に読書しながらスプーンで食べられることから、カレー店が増えたそうです。
ボンディは、神田古書センターの2階にあり、古本屋さんのある靖国通り側からではなく、ビルの裏から中に入るようになっています。
2階のお店から階段を経てビルの外まで行列ができていたので、並びました。

f:id:raptor1117:20181015180547j:plain

1時間ほど並んで、テーブル席に案内されました。
落ち着いた暖色系の照明で、昔ながらのアンティーク喫茶のような雰囲気です。

f:id:raptor1117:20181015180556j:plain

壁には落ち着いた絵が飾られています。

f:id:raptor1117:20181015180608j:plain

カレーは、ビーフカレー、ポークカレー、チキンカレー、チーズカレー、エビカレー、野菜カレー、お子様カレー、ミックスカレー(チキン・エビ・ホタテ)、キノコカレー、魚介カレー、ホタテカレー、牡蠣カレー(冬季限定)と12種類もあります。
メニューには「秘蔵のスパイスブレンドがかもし出す絶妙な風味、何種類ものフルーツをたくみにすり合わせひき出した、とろけるような旨味。不思議な辛さの中に秘められた、極めつきのおいしさ、ソースの本場、フランス仕込みのオリジナル手作りソースが奏でる洗練された味のハーモニー。ボンディのカレーはお客様にご満足頂けるよう、シェフが心をこめて丁寧に作っております。」と書かれています。
甘口・中辛・辛口が選べ、ライスにはあらかじめチーズがかけてあるそうです。

f:id:raptor1117:20181015180622j:plain

デザートは、なめらかプリン、持ち帰り用プリン2個セット、焼きリンゴがあります。
その他、追加ポテト、おみやげ用カレーソース、ライス、カレーセット(ライス・ポテト付)、通信販売用ビーフカレー(チーズ付)というのもあります。

f:id:raptor1117:20181015180637j:plain

ホットドリンクは、エスプレッソ、チョコレートラテ、ホットラテ、キャラメルラテがあります。
アイスドリンクは、アイスコーヒー、練乳アイスコーヒー、アイスラテ、バナナオレ、ジンジャーエール、コーラ、愛媛オレンジ100%ジュース各種、沖縄フルーツ100%ジュース各種、抹茶入り水出し緑茶などがあります。

f:id:raptor1117:20181015180645j:plain

ボンディオリジナルのコースターです。
カレーとエスプレッソのお店のようです。

f:id:raptor1117:20181015180657j:plain

まずは「アイスコーヒー」(380円)が来ました。

f:id:raptor1117:20181015180708j:plain

こちらは「ジンジャーエール」(400円)です。
ライムも乗っています。

f:id:raptor1117:20181015180727j:plain

じゃがいもとバターが来ました。

f:id:raptor1117:20181015180738j:plain

丸ごと蒸した皮付きじゃがいもが1人2個ずつあります。
このじゃがいもは、フランス料理の「最初の一皿(前菜)」をイメージし、ボンディのカレーソース自体に日本人にとってカレーの具材「じゃがいも」が入っていないため別皿として提供し、かつ神保町は学生も多く、お腹いっぱいになってほしいという想いが込められているそうです。

f:id:raptor1117:20181015180751j:plain

バターを乗せてじゃがバターとしていただいても、カレーに後のせで食べてもいいそうです。

f:id:raptor1117:20181015180803j:plain

「ビーフカレー」(1,480円)が来ました。

f:id:raptor1117:20181015180813j:plain

カレーには、大きくカットされたビーフが入っています。
ライスは、コショーやにんにくなどを使ったオリジナルのブイヨンスープ、バター、ローリエを入れて炊き込んだボンディのオリジナルだそうです。
ライスの上にはゴーダチーズが乗っており、お口直しに小梅とかっぱ漬けも添えてあります。

f:id:raptor1117:20181015180908j:plain

こちらは「ポークカレー」(1,480円)です。

f:id:raptor1117:20181015180937j:plain

ビーフカレーをライスにかけていただきます。
大きなビーフは柔らかく、ブラウンソースをベースにしたカレーは、濃厚でまろやかな口当たりで、野菜やフルーツの旨味とスパイスの辛味が絶妙でとっても美味しいです。

f:id:raptor1117:20181015180946j:plain

ポークカレーも合いがけにして美味しくいただきました。

おわりに

「欧風カレー ボンディ」は、カレーの街・神保町でも屈指の人気を誇り、元祖欧風カレーをいただくことができる名店でした。
神田カレーグランプリ2011(第一回)では、グランプリを受賞しており、行列ができる人気のカレー店です。
アンティーク喫茶のような店内で、ブラウンソースをベースにしたフランス仕込みのオリジナルカレーは、野菜やフルーツの旨味が濃縮され、まろやかな味わいの洗練された欧風カレーでした。
前菜として、バターが添えられた茹でたじゃがいもが提供されるのも特徴的でした。
「カレーの聖地」神保町のインドの香り、ヨーロッパの味、「欧風カレー ボンディ」で、濃厚でまろやかな元祖欧風カレーを味わってみてはいかがでしょうか。

information

欧風カレー ボンディ 神保町本店

住所
東京都千代田区神田神保町2-3 神田古書センター2F (GoogleMap)
アクセス
都営三田線・新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅A6番出口より徒歩約1分
営業時間
11:00~22:30(ラストオーダー22:00)
定休日
年末年始
公式HP
http://bondy.co.jp/web/