おでかけ部

旅で人生を豊かに!東京からおでかけする旅メディア。

蕎麦の名店「打心蕎庵」の夏を感じる「すだち蕎麦」

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20180810174534j:plain

「打心蕎庵」は、下北沢の閑静な住宅街にひっそりと佇む、料亭のような雰囲気の蕎麦屋さんです。
うまい蕎麦の三条件「挽きたて・打ちたて・茹でたて」の「さんたて」に、「採りたて」も加えた「よんたて」蕎麦をいただける名店です。
夏季限定の「すだち蕎麦」は、清涼感たっぷりで、緑の溢れる庭園を眺めながら、じっくりと食事を愉しむことができます。
今回はそんな「打心蕎庵」にすだち蕎麦を食べに行ってきました!

庭園を眺めながらいただく至高の蕎麦

下北沢のグルメといえばカレーフェスティバルも行われるカレーが有名ですが、実は蕎麦屋の名店も数多く揃っています。
その中でも「打心蕎庵」は、都会の喧騒から離れた場所にひっそりと佇み、料亭のような日本庭園もある有名な蕎麦屋です。
夏季限定の清涼感たっぷりの「すだち蕎麦」や、旨味満点の「鴨そば」など、洗練された蕎麦をいただくことができます。

f:id:raptor1117:20180810165408j:plain

下北沢駅から徒歩10分ほどの閑静な住宅街に「打心蕎庵」がありました。
緑に囲まれた和を感じる外観です。
日曜の14時少し前くらいに伺いましたが、行列ができています。

f:id:raptor1117:20180810165419j:plain

「打心蕎庵」の前には「森厳寺」というお寺があります。
森巌寺は、徳川家康の次男・結城秀康(越前松平家宗家初代)の位牌所として建立されたそうです。

f:id:raptor1117:20180810165429j:plain

境内にある樹齢400年以上の大イチョウの木は、大樹・銘木コンクールにも入賞したこともあり、世田谷区の保存樹に指定されているそうです。
静かで緑が多く、都会の喧騒を忘れられるエリアです。

f:id:raptor1117:20180810165444j:plain

山門には、「粟嶋の灸」という看板が掲げられており、これは、江戸時代に灸と針供養、富士講で名高い寺として知られた名残だそうです。

f:id:raptor1117:20180810165454j:plain

「打心蕎庵」の門の目には、かわいい灯籠が灯っています。

f:id:raptor1117:20180810165505j:plain

暖簾を潜って敷地内に入ります。

f:id:raptor1117:20180810165515j:plain

待合席は、おしゃれなお茶屋さんのような雰囲気です。
魔法瓶ポットもあり、暑い中並んでいても、自由に水分補給をできるようになっています。

f:id:raptor1117:20180810165529j:plain

敷地内には日本庭園があります。

f:id:raptor1117:20180810165540j:plain

ししおどしのようなものもあります。

f:id:raptor1117:20180810165552j:plain

2階のお座敷で法事が行われていたようで、40分ほど待って、席に案内されました。
大きなガラス窓から情緒ある中庭も見えます。

f:id:raptor1117:20180810165604j:plain

木の温もりが溢れる綺麗な店内には、おしゃれな照明もあります。

f:id:raptor1117:20180810165614j:plain

メニューは、冷たいそばとして、「常陸秋そば」、「冷やかけそば」、「おろしそば」、「ゆばそば」があり、温かいそばとして、「かけそば」、「三つ葉そば」、「ゆばそば」、「九条ねぎ」、「そばがき」があり、京鴨として、「冷たい鴨そば」、「温かい鴨そば」、「鴨ロースト」、「鴨焼き」があります。
他に、「お通し三種盛り」、「お新香」、「ざる豆腐」、「焼き味噌」、「鴨味噌焼き」、「板わさ」、「だしまき」、「焼きとり」、「季節のおひたし」、「汲みあげゆば」があり、天麩羅は、「海老と野菜」、「本日の盛合せ」、「野菜の盛合せ」、「ごぼうのかき揚げ」があります。
甘味は、「そば餅を鶯きな粉と黒蜜で」があり、お飲物は、「ウーロン茶」、「オレンジジュース」、「サイダー」、「ビール」、「焼酎」、「はいぼーる秀」、「梅酒」、「日本酒」などがあります。

f:id:raptor1117:20180810174448j:plain

季節の蕎麦として、「すだち蕎麦」、「納豆とおろし蕎麦」、もり蕎麦にひと味として、「すだちとおろし」、「合せ香味野菜」、天ぷらは、「赤鷄のささみ天ぷら」、「巻海老と貝柱のかき揚げ」、「帆立と野菜の盛合せ」があります。
他に、「帆立の磯のり三杯酢」、「京鴨つくね焼き」、「帆立のつけ焼き」、「鴨のサラダ仕立て」、鍋は、「鱧鍋」、「鴨しゃぶ」、甘味は、「最中あいす(杏じゃむ入)」があります。

f:id:raptor1117:20180810174458j:plain

お料理三品と天ぷらと蕎麦(お好きなおそば)と甘味がセットになった「昼膳」(3,600円)というのもあります。

f:id:raptor1117:20180810174507j:plain

趣のあるお盆に上品な細いお箸が載っています。

f:id:raptor1117:20180810174516j:plain

「野菜の盛合せ(大盛り)」(1,500円)が来ました。
マイタケ、ニンジン、シシトウ、ナス、シイタケなどの季節野菜の天ぷらです。
お好みで天つゆと塩でいただきます。

f:id:raptor1117:20180810174525j:plain

軽やかな衣に包まれた天ぷらは、野菜の旨味を感じられる美味しさです。

f:id:raptor1117:20180810174534j:plain

「すだち蕎麦」(1,500円)が来ました。
薄切りのすだちが綺麗に並べられ、涼しさを感じる美しいお蕎麦です。

f:id:raptor1117:20180810174543j:plain

あっさりとしたダシ汁に爽やかなすだちの香りが加わり、自家製の細打ちの蕎麦麺は喉越しツルツルでとっても美味しいです。
すだちはそのまま食べることもでき、清涼感たっぷりな一杯です。

f:id:raptor1117:20180810174628j:plain

こちらは「温かい鴨そば」(2,000円)です。

f:id:raptor1117:20180810174638j:plain

肉厚な京鴨はジューシーで、鴨の旨味が溶け込んだ優しいダシ汁と相まって、思わず笑みがこぼれるほどの逸品です。

f:id:raptor1117:20180810174649j:plain

癒しの空間で、極上の「すだち蕎麦」と「鴨そば」を美味しくいただきました。

おわりに

「打心蕎庵」は、閑静な住宅街にひっそりと佇む、洗練されたお蕎麦をいただけるお店でした。
風格ある暖簾を潜ると情緒ある庭園があり、柔らかい外光に照らされた落ち着いた店内で、じっくりと蕎麦を愉しむことができました。
夏季限定の「すだち蕎麦」は、爽やかな夏の香りを感じることができ、名物の「温かい鴨そば」は、柔らかい鴨とコシのある蕎麦にさっぱりとした味わいのお出汁が絶妙で、とても美味しかったです。
下北沢の蕎麦の名店「打心蕎庵」の趣のある空間で、「挽きたて・打ちたて・茹でたて・採りたて」の「よんたて」蕎麦を味わってみてはいかがでしょうか。

information

打心蕎庵

住所
東京都世田谷区代沢3-7-14 (GoogleMap)
アクセス
小田急・京王線「下北沢」駅南口より徒歩約10分
営業時間
平日:11:30~15:00、17:30~21:30
土日祝日:11:30~21:00
定休日
火曜日
公式HP
http://www.dashinsoan.com/