おでかけ部

旅で人生を豊かに!東京からおでかけする旅メディア。

世界の個性溢れるネコたちの写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20180717121332j:plain

「岩合光昭の世界ネコ歩き」は、NHK BSプレミアムの人気番組で、その写真展第二弾が「岩合光昭の世界ネコ歩き2」です。
今回は、世界60ヶ所以上の撮影地から厳選された16地域の個性溢れるネコたちの作品を約170点展覧し、岩合氏本人によるギャラリートーク、サイン会もあり、新作のネコグッズの販売も行われます。
ブラジル・リオデジャネイロ南東部のコパカバーナビーチでモテモテの人気ネコ「シキンニョ」や、全米最大の都市ニューヨークにあるピザ屋の看板ネコ「ホワイトスライス」など、世界ネコ歩きのお馴染みのネコたちが大判作品となって展覧されます。
今回はそんな写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」に行ってきました!

「岩合光昭の世界ネコ歩き2」のネコたちのユニークな表情と美しい風景

NHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」の写真展第二弾が日本橋三越本店 本館7階催物会場で、2018年5月2日(水)〜14日(月)まで開催されました。
第一弾は、2015年から全国各地の百貨店や美術館などを巡回して開催され、動物写真家の岩合光昭さんがヨーロッパやアフリカ、アメリカ、アジアなど世界15の地域で出会ったネコたちを中心に、約200点もの作品を展示し、累計来場者は約68万人を突破するほどの人気だったそうです。

f:id:raptor1117:20180717120109j:plain

日本橋三越本店に来ました。
写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」が開催されている本館7階催物会場に向かいます。

f:id:raptor1117:20180717120120j:plain

7階の会場入口に大きなネコの写真がありました。
砂漠にかわいい三毛猫がいます。
アラブ首長国連邦のアルアインの砂丘を散歩する「ミンナーク」ちゃんです。

f:id:raptor1117:20180717120129j:plain

こちらは、カナダ・プリンスエドワード島の灯台をパトロールする白黒の猫「ホーマー」君です。
灯台と青空の景色も美しいです。

f:id:raptor1117:20180717120141j:plain

「岩合光昭の世界ネコ歩き2」のパネルです。
動物写真家の岩合光昭さんがネコの目線にカメラを構えている写真です。
岩合光昭さんは、猫など身近な動物から世界各地の野生動物まで、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続けており、「ナショナル ジオグラフィック」誌の表紙を2度飾るなど、美しく、想像力をかきたてる作品は世界的に高く評価されているそうです。

f:id:raptor1117:20180717120151j:plain

岩合光昭さんの言葉も書いてあります。

ネコはヒトと共に生きています。
「いい子だね」とカメラを向けるとき
大切にしていることは、
ネコを愛する気持ちです。
その思いを察するのか、
特別な贈り物のようなしぐさを
見せてくれるネコたちに、
愛は深まるばかりです。

f:id:raptor1117:20180717120201j:plain

写真展を一周すると、出口に記念撮影を撮れるフォトスポットがありました。

f:id:raptor1117:20180717120215j:plain

壁に岩合光昭さんのサインとかわいいネコのイラストが書かれています。

f:id:raptor1117:20180717120232j:plain

ブラジル・リオデジャネイロのコパカバーナビーチでモテモテの人気ネコ「シキンニョ」君です。
砂浜に仰向けになって、気持ち良さそうです。

f:id:raptor1117:20180717120244j:plain

こちらは、壁の穴から顔を出しているのが、モルドバの「ティシャ」君です。
グレーの綺麗な毛並みで、まるまると太っていてかわいいです。
手前にいるのは、先ほども見たプリンスエドワード島の「ホーマー」君です。

f:id:raptor1117:20180717120254j:plain

こちらは、スペイン・マドリードの本屋の看板猫「プレタ」ちゃんです。
つぶらな瞳のかわいい黒猫です。
会場を出ると、写真集やオリジナルグッズなどを販売しており、かわいいネコグッズがたくさんありました。

f:id:raptor1117:20180717120305j:plain

日本橋三越本店の新館の日本橋口には、「ライオン像」ならぬ「ネコ像」が2頭並んでお出迎えしてくれています。

f:id:raptor1117:20180717120314j:plain

ネコに癒される「ねこ・猫・ネコまつり」が開催されており、写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」もその企画のひとつで、他にも、三毛猫とロシアンブルーが主役のショートアニメ「働くお兄さん!」とのコラボイベントなど、「ねこ」をテーマにした多彩な企画が行われているそうです。

f:id:raptor1117:20180717120324j:plain

ショーウインドウも「ねこ・猫・ネコまつり」で猫一色になっています。

五街道の起点「日本橋」の翼を広げた「麒麟像」

日本橋三越本店の新館の近くには、五街道の起点の場所であり、日本の道路網の始点となっている「日本橋」があります。
日本橋の上には、映画化された東野圭吾さんの小説「麒麟の翼」で有名になった「麒麟像」があるので、見に行ってみました。

f:id:raptor1117:20180718114857j:plain

日本橋三越本店からほど近い、日本橋に来ました。
凛々しい姿の「獅子像」が見守っています。
この獅子像は、奈良県の手向山八幡宮の狛犬や、ルネサンス期のイタリア人彫刻家・ドナテッロのライオン像などを参考にして製作されたそうです。
獅子像の前足には、東京都の紋章があり、東京を守っていることを表現しているようです。

f:id:raptor1117:20180718114911j:plain

日本橋の橋の中央に「麒麟像」が2体背を向けて鎮座しています。
麒麟は想像上の生き物で、吉兆や繁栄を現す神獣として東京都の繁栄を意味しているそうです。
さらに、本来は麒麟に翼はありませんが、日本の道路の起点であるここから日本中に飛び立っていけるようにという願いを込めて、日本橋の麒麟には翼があるそうです。

f:id:raptor1117:20180718114921j:plain

橋を渡り、道路の反対側にも麒麟像があるので、反対側に行ってみます。

f:id:raptor1117:20180718114932j:plain

日本橋の橋の下には「日本橋川」が流れ、橋の上には日本橋川の上に沿って高速道路が走っています。
この高速道路は、日本橋の景観を良くするために、地下に移設する計画もあるそうです。
川の上には、船が浮かんでいます。

f:id:raptor1117:20180718114943j:plain

こちら側にも翼を広げた勇ましい「麒麟像」が2体ありました。
麒麟の像の後ろには、松と榎が刻まれており、この松と榎は日本橋が江戸時代、五街道の基点だったことに由来し、各街道には1里(約4㎞)ごとに塚(一里塚)を築き、松や榎を植えられ、マイルストーン(距離の標識)とされていたそうです。

f:id:raptor1117:20180718114954j:plain

龍のような顔に、立派な翼を持った美しい麒麟です。

f:id:raptor1117:20180718115004j:plain

橋の四隅にいる二対の獅子は「守護」を意味し、「東京を護る」役割を担っており、四隅にある親柱の銘板に刻まれた「日本橋」及び「にほんはし」の文字は、最後の将軍徳川慶喜公の筆によるものだそうです。
徳川家康により架けられた「日本橋」は、現在20代目で、石造二連アーチの道路橋として重要文化財にも指定されているそうです。

f:id:raptor1117:20180718115015j:plain

橋詰に「滝の広場」という広場があります。
日本橋川の遊覧船の発着場となっており、ここから遊覧船に乗れるようになっています。
橋詰には4つの広場が整備されており、滝の広場(南詰東側)、花の広場(南詰西側)、乙姫の広場(北詰東側)、元標の広場(北詰西側)があるそうです。

「フォートナム&メイソン」のスコーンセット

フォートナム&メイソンは、1707年創業のイギリスの王室御用達のデパートです。
日本では、全国の有名デパートで紅茶やジャムを中心にイギリスからの直輸入品を販売しており、本格的な英国流の紅茶を味わえます。
三越本店新館にもフォートナム&メイソンのティールームがあるので行ってみました。

f:id:raptor1117:20180719104124j:plain

「フォートナム&メイソン」に来ました。
入口には、フォートナム&メイソンのシンボルとも言える壁掛け時計があります。
英国王室のような貴族のミニチュアが2体並んでおり、美術品のような美しい壁掛け時計です。

f:id:raptor1117:20180719104136j:plain

入口付近は、紅茶などを販売するショップになっており、おしゃれなパッケージがたくさんあります。

f:id:raptor1117:20180719104145j:plain

併設するカフェのアフタヌーンメニューは、「アフタヌーンティーセット(3,024円)」、「ケーキセット(1,728円)」、「スコーンセット(1,512円)」があり、他に「ニッカボッカ・グローリー(1,296円)」というアイスクリームサンデーや「イングリッシュサンドウィッチ(ローストビーフ・アボカドシュリンプ・サーモン:1,944円、キュウリ&クリームチーズ・タマゴ・ロースハム:1,512円)」があります。
ティー(ポットサービス)は、フェイマスティー、クラシックワールドティー、フレーバーティー、グリーンティー、アイスティー、スペシャルコーヒーに別れており、それぞれ数種類ずつあります。

f:id:raptor1117:20180719104154j:plain

少し待って、席に案内されました。
アフタヌーンティーセットやケーキセットも美味しそうでしたが、スコーンセットを注文しました。

f:id:raptor1117:20180719104205j:plain

セットのティーは、ロイヤルブレンドにしました。
ロイヤルブレンドは、モルティー(麦芽のような)アッサムに加えたセイロンのロー・グロウン(低産地)のフラワリーペコーが気分を高揚させる伝統的な紅茶で、1902年の夏に国王エドワード七世のために初めてブレンドされ、滑らかで蜂蜜のような味わいなんだそうです。

f:id:raptor1117:20180719104215j:plain

スコーンと一緒にいただきます。

f:id:raptor1117:20180719104225j:plain

スコーンは、プレーン、紅茶、レーズン、今月のスコーンから2種類選べ、紅茶スコーンとブルーベリースコーン(今月のスコーン)にしました。
温かくしっとりとしたスコーンで、クロテッドクリームとブルーベリージャムを付けて美味しくいただきました。

おわりに

「岩合光昭の世界ネコ歩き2」は、世界の個性溢れるかわいいネコたちの写真が展覧された素敵な写真展でした。
ネコたちのユニークな表情はもちろん、世界の美しい風景も魅力的で、イワゴーネコワールドを楽しめました。
かわいいネコたちの姿に癒され、早くも次回の「岩合光昭の世界ネコ歩き」写真展の開催を期待してしまう程でした。
日本橋三越本店での写真展は終了しましたが、2018年8月1日(水)〜14日(火)に札幌三越で、2018年8月1日(水)〜13日(月)に大丸京都店でも開催されるようなので、かわいいネコたちの姿に癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

岩合光昭の世界ネコ歩き2

岩合光昭の世界ネコ歩き2

岩合光昭の世界ネコ歩き

岩合光昭の世界ネコ歩き

information

岩合光昭の世界ネコ歩き2

住所
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 本館7階催物会場 (GoogleMap)
アクセス
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩1分
東京メトロ東西線「日本橋」駅(C1出口)より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「日本橋」駅より徒歩5分
JR「新日本橋」駅より徒歩7分
開催期間
2018/5/2(水)〜2018/5/14(月)
開催時間
10:00~18:30(19:00閉場)
最終日は17:30まで(18:00閉場)
入場料
一般・大学生:800円
高校・中学生:600円
小学生以下無料
公式HP
http://sekainekoaruki2.jp/

日本橋 麒麟像

住所
東京都中央区日本橋日本橋1-1 (GoogleMap)
アクセス
東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅より徒歩2分
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩4分
公式HP
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/0717nihonbashi.htm

Fortnum & Mason Tea Room 日本橋三越店

住所
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店新館B2F (GoogleMap)
アクセス
東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩1分
東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅(B11出口)より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「日本橋」駅より徒歩5分
JR「新日本橋」駅より徒歩7分
営業時間
10:00~19:30
定休日
不定休(三越に準ずる)
公式HP
https://fortnumandmason.co.jp/