おでかけ部

旅で人生を豊かに!東京からおでかけする旅メディア。

「清里テラス」の天空のソファから望む爽快な八ヶ岳ブルー

SPONSORED LINK

f:id:raptor1117:20180920135452j:plain

「清里テラス」は、山梨県の「サンメドウズ清里」内にあり、標高1900mの山頂から清里の高原を一望できる絶景スポットです。
山頂にはテラスカフェも併設されており、名物のスカイワッフルを味わいながら、野辺山高原や秩父連峰の雄大な自然の大パノラマを目の前に、ゆったりとくつろぐことができます。
屋外に置かれたガーデンソファに寝転びながら、晴天の八ヶ岳ブルーの澄んだ絶景を眺め、まるで天空にいるかのような非日常を味わえる贅沢な空間です。
今回はそんな「清里テラス」におでかけしてきました!

夏の人気スポット「清里テラス」の自然の大パノラマ

「清里テラス」は、山梨県の八ヶ岳の麓に広がる自然豊かなリゾート地「サンメドウズ清里」の山頂エリアにあります。
冬はスキー場として営業している「サンメドウズ清里」は、23万平方メートルにもおよぶ広大な敷地に、レストランやカフェ、ベーカリー、ショップ、各種クラフト体験のできる工房やアスレチック施設などが設けられ、大人から子供まで楽しめます。
グリーンシーズンは4月末~11月中旬の期間限定で、清里高原を見下ろす山頂にガーデンソファを置いたオープンテラス「清里テラス」を営業しており、標高1900mの見事な風景の中、ソファでくつろぎながら贅沢な時をゆったりと楽しむことができる人気のスポットです。

f:id:raptor1117:20180920121438j:plain

「サンメドウズ清里」に到着しました。
爽やかな澄んだ青空が広がっています。

f:id:raptor1117:20180920121447j:plain

「サンメドウズ清里」のセンターハウスの中に入ります。

f:id:raptor1117:20180920121455j:plain

中に入ると、リフト乗車券を購入する列ができており、列に並んでいると清里テラスのポストカードをいただきました。
このポストカードは、清里テラス敷地内の郵便ポストに投函すると無料で郵送してくれ、消印が押されたポストカードは300円引きリフト割引券として利用できるそうです。

f:id:raptor1117:20180920121503j:plain

リフト乗車券を購入してセンターハウスの外に出ました。
左に行くと清里テラスのあるパノラマリフトで、右に行くと清里カフェのあるフラワーリフトです。

f:id:raptor1117:20180920121511j:plain

まずは、左の清里テラスに行ってみます。

f:id:raptor1117:20180920121520j:plain

リフト往復乗車券は、大人1,500円で、パノラマリフトのみの運行の期間は1,300円のようです。

f:id:raptor1117:20180920121529j:plain

パノラマリフトに乗りました。
ワンちゃんもゲージに入れれば一緒に上まで行くことができるそうです。

f:id:raptor1117:20180920121537j:plain

全長1,100mの空中散歩です。
そよ風が気持ちいいです。

f:id:raptor1117:20180920121546j:plain

荷物運搬用のリフトが反対側を通り過ぎます。
荷物を載せるためか、時々リフトが止まります。

f:id:raptor1117:20180920121554j:plain

緑の木々が生い茂る中に入りました。

f:id:raptor1117:20180920122721j:plain

後ろを振り返ると駐車場が下の方にあり、高いところまで来ているのが分かります。

f:id:raptor1117:20180920122729j:plain

青空に真っ白な雲が漂う、気持ちの良い晴天です。

f:id:raptor1117:20180920122738j:plain

ふわふわとリフトに揺られ、約10分で標高1,900mの山頂エリアに到着しました。
観光客もたくさんいます。

f:id:raptor1117:20180920122748j:plain

リフトを降りるとちょっとした広場になっています。

f:id:raptor1117:20180920122809j:plain

清里テラスのマップがありました。
カフェも併設されています。

f:id:raptor1117:20180920135452j:plain

屋外にガーデンソファが設置されており、清里高原の絶景をゆったり堪能できるようになっています。

f:id:raptor1117:20180920135502j:plain

芝生エリアに10台の大型の円形ソファが並び、足を伸ばしてくつろげます。

f:id:raptor1117:20180920135510j:plain

ソファの利用は自由ですが、混んでいるときは30分砂時計の砂が落ちるまでの時間制となっているようです。
ソファに並ぶときは、座っている人に声をかけて仮予約しておくのがおすすめです。

f:id:raptor1117:20180920135522j:plain

ソファに並び、砂時計の砂が落ち終わるタイミングをみて、「清里テラスカフェ」にスイーツを買いに来ました。

f:id:raptor1117:20180920135532j:plain

メニューは、スカイパフェ、ジェラート、スムージー、ブレンドコーヒー、カフェラテ、コーラ、ジンジャーエール、オレンジジュース、フルーツドリンク、ビールなどがあるようです。

f:id:raptor1117:20180920135545j:plain

ジェラートは、ミルク、すももソルベ、さつまいも(あけの金時)、巨峰があり、コーヒーフロート、コーラフロート、ココアもあります。

f:id:raptor1117:20180920135554j:plain

カフェにある席からも絶景が見下ろせます。

f:id:raptor1117:20180920135608j:plain

カフェでスイーツを買って戻ると、ちょうどソファーが空きました。

f:id:raptor1117:20180920135623j:plain

靴を脱いで、円形の大型ソファーに横になります。

f:id:raptor1117:20180920135633j:plain

砂時計を逆さにして、30分間の至福の時の始まりです。

f:id:raptor1117:20180920143242j:plain

ソファーに足を伸ばして「清里テラスカフェ」で買った「清里テラス スカイパフェ」(650円)をいただきます。

f:id:raptor1117:20180920143252j:plain

カップの中に、シリアル、アイスクリーム、チョコクリームが入っており、山梨県産の桃や苺、ブルーベリー、オレンジ、ワッフルが載った贅沢なパフェです。

f:id:raptor1117:20180920143305j:plain

秩父連峰と八ヶ岳ブルーの大パノラマを望みながら、ゆったりとした時間を過ごします。
夏でもとても涼しいですが、日差しが強いので、帽子や日焼け止めなどの日焼け対策は必須です。

f:id:raptor1117:20180920143317j:plain

くつろぎの30分はあっという間に過ぎてしまいます。

f:id:raptor1117:20180920143328j:plain

ソファーの30分が終わり、上の方の展望デッキの方に来てみました。

f:id:raptor1117:20180920143338j:plain

富士山もはっきりと見え、抜群の眺望です。

f:id:raptor1117:20180920143348j:plain

さらに上の清里高原で一番高い場所にある「山頂あずまや」からは、雄大な清里高原を一望できます。

f:id:raptor1117:20180920143358j:plain

富士山も良く見え、絶好の記念撮影スポットです。

f:id:raptor1117:20180920143411j:plain

願いが叶う木の鐘がありました。

f:id:raptor1117:20180920143423j:plain

「福来る」と書かれた木の板が吊り下げられており、木槌で叩くと願いが叶うそうです。

f:id:raptor1117:20180920152733j:plain

板の裏側には「夢叶う」と書かれています。

f:id:raptor1117:20180920152744j:plain

清里テラスカフェのテラス席の方に戻って来ました。

f:id:raptor1117:20180920152753j:plain

予約専用席のプレミアムシートというのが5席あり、有料で1組45分の時間指定で、1日7回、計35組のみ使えるそうです。
平日は2,000円から2,500円、土日祝日は3,000円から3,500円で、確実にソファに座りたいという方にはおすすめです。

f:id:raptor1117:20180920152803j:plain

赤いパラソルのプレミアムシートが見えました。
1シートは5名まで利用できる広さで、プライベート感満載です。

f:id:raptor1117:20180920152813j:plain

芝生エリアを歩いて美しい景色を楽しみます。

f:id:raptor1117:20180920155145j:plain

芝生エリアを下って行くと、散策コースになっており、「清里カフェ」に行けるようになっているようです。

f:id:raptor1117:20180920155155j:plain

写真撮影ポイントになっているウッドデッキには、見渡せる山々の名称が書かれています。

f:id:raptor1117:20180920155205j:plain

空を見上げると、綺麗な飛行機雲が白い筋を描いていました。

f:id:raptor1117:20180920155215j:plain

澄みわたる空は、爽快な八ヶ岳ブルーです。

f:id:raptor1117:20180920155224j:plain

リフト乗り場の近くに、赤い郵便ポストがありました。
最初にもらったポストカードを日本国内へ無料で投函できる郵便ポストです。

f:id:raptor1117:20180920155239j:plain

机と椅子も用意してあり、記念はがきを書けるようになっています。

f:id:raptor1117:20180920155254j:plain

記念はがきを投函して、下りのリフトに乗りました。

f:id:raptor1117:20180920155304j:plain

帰りのリフトは、秩父連峰の絶景を正面に眺めながら下りて行きます。

f:id:raptor1117:20180920155315j:plain

気持ちのいい風に吹かれながら、最高の景色を楽しめます。

f:id:raptor1117:20180920155327j:plain

下まで降りると、パノラマリフトには長い行列ができていました。

「清里カフェ」のヘルシーカフェごはんでランチタイム

ランチは、フラワーリフト山頂にある「清里カフェ」でいただくことにしました。
センターハウス内には、「清里高原ナチュラルブッフェ」というのもあり、野辺山高原の旬の野菜やライブキッチンの鉄板焼きなどのブッフェで、そちらも人気のようです。

f:id:raptor1117:20180920164942j:plain

フラワーリフトの乗り場に向かいます。

f:id:raptor1117:20180920164953j:plain

フラワーリフトに乗りました。

f:id:raptor1117:20180920165004j:plain

パノラマリフトと比べて、開放感のある場所を上って行きます。

f:id:raptor1117:20180920165015j:plain

地面を見下ろすと、小さな花やススキが咲いています。

f:id:raptor1117:20180920165025j:plain

約5分でフラワーリフト山頂に到着しました。

f:id:raptor1117:20180920165036j:plain

遠くに南アルプスの綺麗な山脈が見えます。

f:id:raptor1117:20180920165046j:plain

緑の美しい山肌が良く見えます。

f:id:raptor1117:20180920165058j:plain

リフトを降りると、ロッジのようなウッド調のおしゃれな建物があります。

f:id:raptor1117:20180920165110j:plain

「清里カフェ」です。
テラス席もあるようです。

f:id:raptor1117:20180920165119j:plain

メニューは、山梨県産フルーツを贅沢に使用した「山梨フルーツスペシャルパンケーキ」、ふんわりミルクソースとベリーのソースの「ベリーパンケーキ」、シロップで煮詰めたリンゴにキャラメルソースをかけた「リンゴとキャラメルパンケーキ」、甲州ワインビーフのローストビーフボウル「スモークビーフライス」、地元養鶏場「中村農場」の赤鶏のひき肉を使用した「スモークチキンライス」などがあります。

f:id:raptor1117:20180920171743j:plain

窓際の席に座りました。

f:id:raptor1117:20180920171755j:plain

富士山も見える絶好のロケーションです。

f:id:raptor1117:20180920171805j:plain

「スモークビーフライス(スープ付)」(1,500円)が来ました。

f:id:raptor1117:20180920171816j:plain

ガーリックライスの上にローストビーフとポテトサラダが乗っており、とっても美味しいです。

f:id:raptor1117:20180920171827j:plain

こちらは「スモークチキンライス(スープ付)」(1,300円)です。
こちらもガーリックライスで、さっぱりとした酸味のある野菜のピクルスが乗っていて美味しいです。

フラワーリフト沿いの「アスレチックパーク」を散策

フラワーリフト沿いには、夏限定でターザンロープや、丸太ボルダリングなどが楽しめる「アスレチックパーク」があります。
戻りのフラワーリフトには乗らずに「アスレチックパーク」を散策してみました。

f:id:raptor1117:20180921105516j:plain

「清里カフェ」でカフェごはんを満喫し、外に出て来ました。
とっても綺麗な青空です。

f:id:raptor1117:20180921105527j:plain

カフェのテラス席には、足を伸ばせるガーデンチェアがあり、ハンモックのような形に寝そべってくつろげるようになっています。

f:id:raptor1117:20180921105538j:plain

戻りのリフトには乗らずに、フラワーリフト沿いを歩いて下りて行きます。

f:id:raptor1117:20180921105547j:plain

芝生が広がるなだらかな傾斜を歩いて行きます。

f:id:raptor1117:20180921105556j:plain

ターザンロープがありました。

f:id:raptor1117:20180921105609j:plain

丸太のシーソーもありました。

f:id:raptor1117:20180921105618j:plain

ここからは、木が生い茂った中に入って行きます。

f:id:raptor1117:20180921105629j:plain

木陰から綺麗な青空が見えます。

f:id:raptor1117:20180921105640j:plain

ススキがたくさんあるエリアに出ました。

f:id:raptor1117:20180921105651j:plain

フサフサのススキの穂がゆらゆらと揺れています。

f:id:raptor1117:20180921114415j:plain

再び木陰の中に入ると、ここにもターザンロープがありました。

f:id:raptor1117:20180921114424j:plain

丸太のバランスウォークを渡って行きます。

f:id:raptor1117:20180921114436j:plain

木陰から出ると、今までで一番長いターザンロープがありました。

f:id:raptor1117:20180921114446j:plain

絶景の中のターザンロープは爽快です。

f:id:raptor1117:20180921114455j:plain

丸太ボルダリングもありました。

f:id:raptor1117:20180921114640j:plain

フラワーリフトの乗り場付近まで戻って来ました。
ここからも綺麗な富士山が見えます。

f:id:raptor1117:20180921114651j:plain

最後にセンターハウス2階にある「清里ベーカリー」に寄ってみました。

f:id:raptor1117:20180921114701j:plain

レーズンデニッシュ、シナモンロール、ハニートーストロールなど、美味しそうなパンが並んでいます。

f:id:raptor1117:20180921114710j:plain

フォンダンショコラパン、レモンチーズデニッシュ、メロンパンなどもあります。

f:id:raptor1117:20180921114722j:plain

チョコクロワッサン、レモンチーズデニッシュ、アイスコーヒーをテイクアウトして、美味しくいただきました。

おわりに

「清里テラス」は、山梨県の八ヶ岳南麓の清里高原にあり、八ヶ岳ブルーの自然の大パノラマを堪能できる場所でした。
真夏でも平均気温25℃と涼しく、爽やかな高原の風を感じながらパノラマリフトで山頂に行くと、富士山や、南アルプス、秩父連峰、野辺山高原を一望できる素晴らしい絶景が広がっていました。
澄んだ空気の中、大きなガーデンソファに寝そべって、おしゃれな「清里テラス スカイパフェ」を食べながら、都会では味わうことのできない非日常空間を楽しむことができました。
「サンメドウズ清里」には、美味しいパンケーキやカフェごはんを食べられる「清里カフェ」や、種類豊富な美味しいパンを販売する「清里ベーカリー」もあり、夏休みシーズンには、フラワーリフト沿いのアスレチックパークを楽しむこともできます。
夏の避暑地「清里テラス」で、美しい眺望を眼下に、大きなソファに寝そべって、爽快な八ヶ岳ブルーを満喫してみてはいかがでしょうか。

information

サンメドウズ清里(グリーンシーズン)

住所
山梨県北杜市大泉町西井出8240-1 (GoogleMap)
アクセス
JR小海線「清里」駅より清里ピクニックバスで約14分
中央自動車道「長坂IC」より車で約20分
リフト運行時間
平日:10:00~15:30(上り最終15:00)
土日祝日:9:30~16:00(上り最終15:30)
7/7~10/28の期間は9:20~16:30(上り最終16:00)
リフト料金
大人:1,300円(2本運行時:1,500円)
子供:800円(2本運行時:900円)
定休日
冬季休業
公式HP
http://www.sunmeadows.co.jp/tips/kiyosato_terrace/

清里テラスカフェ

住所
山梨県北杜市大泉町西井出8240-1 (GoogleMap)
アクセス
サンメドウズ清里「センターハウス」よりパノラマリフトで約10分
営業期間(平成30年)
4月27日(金)~5月6日(日)、5月26日(土)~11月11日(日)
営業時間
平日:10:00~15:30
土日祝日:9:30~16:00
7/7~10/28の期間は9:20~16:30
公式HP
http://www.sunmeadows.co.jp/tips/kiyosato_terrace/

清里カフェ

住所
山梨県北杜市大泉町西井出8240-1 (GoogleMap)
アクセス
清里テラスより徒歩で約30分
サンメドウズ清里「センターハウス」よりフラワーリフトで約5分
営業期間(平成30年)
9月1日(土)~9月24日(月・祝)の土日祝日営業
営業時間
10:30~16:00(ドリンク10:30~15:30、フード:11:00~15:00)
公式HP
http://www.sunmeadows.co.jp/gourmet/kiyosato_cafe/

清里ベーカリー

住所
山梨県北杜市大泉町西井出8240-1 (GoogleMap)
アクセス
サンメドウズ清里「センターハウス」2階 
営業期間(平成30年)
4月27日(金)~5月6日(日)
5月26日(土)~10月28日(日)
営業時間
平日:10:00~15:30
土日祝日:9:00~16:30
定休日
水曜日
公式HP
http://www.sunmeadows.co.jp/gourmet/kiyosato_bakery/