おでかけ部

旅で人生を豊かに!東京からおでかけする旅メディア。

もみじ寺「安楽寺」の参道の石段を染める紅葉

f:id:raptor1117:20181213133017j:plain

「安楽寺」は、京都左京区鹿ヶ谷にある、法然上人の弟子、住蓮と安楽の二僧を供養するために創建されたお寺です。
通常非公開のお寺ですが、さくら・つつじ・さつき・紅葉の時期に合わせ一般公開され、7月25日の「中風まじない鹿ヶ谷カボチャ供養」は有名で、毎月25日には「京野菜朝市」が開催されています。
紅葉の時期は、石段が散り紅葉で真っ赤に染まり、深紅の絨毯を敷いたかのような山門を見る事ができ、20分ほど散策すれば、世界遺産である銀閣寺に行くこともできます。
今回はそんな「安楽寺」におでかけしてきました!

続きを読む

通天橋に紅い雲海が広がる「東福寺」の美しい紅葉

f:id:raptor1117:20181211112133j:plain

「東福寺」は、摂政九條道家が創建した臨済宗東福寺派の大本山です。
伽藍や塔頭が広い境内に並び、禅堂、浴室、東司、愛染堂など重要文化財の建築も多く、国宝の現存最古の三門や、国指定名勝の本坊庭園など見所も多くあります。
京都を代表する紅葉の名所でもあり、通天橋や臥雲橋から眺める紅葉の雲海は絶景です。
今回はそんな「東福寺」におでかけしてきました!

続きを読む

「東京ドイツ村」の不死鳥が煌く幻想的なウィンターイルミネーション

f:id:raptor1117:20181206104544j:plain

「東京ドイツ村」は、袖ケ浦市の丘陵地帯にある、ドイツの田園風景を再現した自然体験型のテーマパークです。
広大な園内には、各種アトラクション、観覧車、パターゴルフ、芝そりゲレンデ、芝生広場、わんぱく広場などがあり、大人から子どもまで家族で楽しめます。
春の25万本の芝桜や、初夏の3万株の紫陽花、秋の200種類5000株の秋バラなど、四季折々の花々が咲き乱れ、冬季には、関東三大イルミネーションのひとつに数えられる「ウィンターイルミネーション」が開催されます。
「ウィンターイルミネーション」は、毎年テーマを変え、約250万個のLEDや電球が使用された幻想的な光の演出で、「東京ドイツ村」の夜を美しく彩ります。
今回はそんな「東京ドイツ村」におでかけしてきました!

続きを読む

来て見て触れる「東武動物公園」のかわいい動物たち

f:id:raptor1117:20181128123403j:plain

「東武動物公園」は、埼玉県にある動物園と遊園地を併設したテーマパークです。
動物園には、希少なホワイトタイガーや、ライオン、キリン、象、ペンギンなど、全120種、1200頭もの動物たちが飼育されており、エサやりなどのふれあい体験もできます。
遊園地には、世界初の水上木製コースター「レジーナ」や、大観覧車など、人気の絶叫アトラクションから、ほのぼのアトラクションまで30種類以上の多彩なラインナップが揃っています。
今回はそんな「東武動物公園」におでかけしてきました!

続きを読む

タイレストラン「バンコクキッチン」の本格タイ料理ビュッフェ

f:id:raptor1117:20181112123258j:plain

「バンコクキッチン」は、本場タイ人の一流シェフによる本格タイ料理をリーズナブルな価格で楽しめるタイレストランです。
辛み、酸味、甘み、ハーブ類が絶妙にからみ合う魅惑のタイ料理をスタイリッシュに楽しめるお店として人気です。
ランチビュッフェは、生春巻き、春雨サラダ、パッタイ、鶏肉のバジル炒め、グリーンカレー、トムヤムクンスープ、パウンドケーキ、プチシュークリーム、タイ風かき氷など、約30種類のタイ料理を楽しむことができます。
今回はそんな「バンコクキッチン」有楽町店にタイ料理ビュッフェを食べに行ってきました!

続きを読む

イタリアンカフェ「ル・カフェ・ドゥブルベ」のオーロラのパスタ

f:id:raptor1117:20181107112601j:plain

「ル・カフェ・ドゥブルベ」は、新宿西口にある、老舗の喫茶店のような雰囲気のイタリアンカフェです。
ベーコンとオニオンのトマトクリームソースで作られた「オーロラソース」がたっぷりとかかった「オーロラのパスタ」が人気です。
店内は、こげ茶のテーブルセットが不規則に配置され、大きな窓から路地を行き交う人を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。
今回はそんな「ル・カフェ・ドゥブルベ」にパスタを食べに行ってきました!

続きを読む

「野菜を食べるカレーcamp」のキャンプ気分でいただく野菜たっぷりのカレー

f:id:raptor1117:20181029123257j:plain

「野菜を食べるカレーcamp」は、キャンプ場で食べるカレーがコンセプトのカレー屋さんです。
看板メニューの「一日分の野菜カレー」は、季節ごとにチョイスされた350gの野菜がたっぷりと入っており、フライパンで提供される野菜ゴロゴロカレーをスコップ型のスプーンでいただきます。
キャンプグッズに囲まれたアウトドアな空間で、キャンプの雰囲気を楽しみながらワイルドなカレーを食べることができるのも魅力です。
今回はそんな「野菜を食べるカレーcamp」express 池袋店にカレーを食べに行ってきました!

続きを読む

「マーブルラウンジ」の小悪魔なアリスが迷い込んだ「アリスinハロウィーン・トリック」

f:id:raptor1117:20181024152953j:plain

「マーブルラウンジ」は、新宿の「ヒルトン東京」の1Fにある、吹き抜けの開放感あふれるラウンジです。
2018年9月14日(金)から11月4日(日)まで、「アリス in ハロウィーン・トリック」の世界をディナータイム楽しめる「デザート&ディナービュフェ」を開催し、赤と黒のシックな色合いで統一したアリスの世界を楽しめます。
高級チョコレートの代名詞、ヴァローナを贅沢に使用した爽やかな甘さの「タルトケーキ」や、チョコレートスポンジに生クリーム、苺のスライスとミックスベリートッピングした「オープンフェイスケーキ」など選りすぐりの大人かわいいデザート、「ローストビーフ」や「ポークリブ」などのお肉料理に加え、氷上の「エビ」や「ムール貝」、「かにの食べ放題」、各種前菜やメイン料理などを堪能できます。
今回はそんな「マーブルラウンジ」にデザート&ディナービュッフェを食べに行ってきました!

続きを読む

かわいいネコたちが暮らす保護猫カフェ「ネコリパブリック」に入国

f:id:raptor1117:20181018124227j:plain

「ネコリパブリック」は、保護された猫の里親探しを行い、譲渡活動も行われている「保護猫カフェ」です。
ビジネスとしても「自走」できることを目指し、お客様がカフェを利用したり、雑貨やペット用品をお買い物したりすることによって、お客様とお店が「猫助け」という理念を共有し、楽しみながら猫の保護活動をサポートする仕組みになっています。
今回はそんな保護猫カフェ「ネコリパブリック」におでかけしてきました!

続きを読む

神保町「欧風カレー ボンディ」の濃厚でまろやかな欧風カレー

f:id:raptor1117:20181015180803j:plain

「欧風カレー ボンディ」は、日本有数のカレーの街として有名な神保町にある、欧風カレー専門店です。
オリジナルブレンドのスパイスに、豊富な乳製品と何種類もの野菜やフルーツをすり合わせることで、まろやかな甘みとコクのある味わいを生み出したフランス仕込みの欧風カレーが特徴です。
カレーポットにたっぷりと入ったルーとチーズが乗ったライスに、バターが添えられたじゃがいの付いたボンディのカレーは、東京でも屈指の人気を誇るカレーです。
今回はそんな「欧風カレー ボンディ」にカレーを食べに行ってきました!

続きを読む

日光「鳴虫山」登山と大谷川が渦巻く「憾満ヶ淵」の「並び地蔵」

f:id:raptor1117:20180928135922j:plain

栃木県日光市にある「鳴虫山」は、日光市街から歩いてアクセスでき、アップダウンのある本格的な登山を楽しめる山です。
古くから日光の修行僧が参詣した山で、「大懴法岳」(だいせんぽうだけ)とも呼ばれ、「この山に雲がかかると雨になる」と言い継がれ、鳴虫山の名前の由来となっているそうです。
「鳴虫山」の麓には、奇岩、巨石の中を大谷川が渦巻くダイナミックな景色の「憾満ヶ淵」(かんまんがふち)があり、いくつもの地蔵が並ぶ「化け地蔵」(ばけじぞう)と呼ばれる「並び地蔵」もあり、観光名所となっています。
今回はそんな「鳴虫山」におでかけしてきました!

続きを読む

北千住「麺屋 音 別邸」の平打ち太縮れ麺の濃厚ラーメン

f:id:raptor1117:20180927114252j:plain

「麺屋 音 別邸」は、北千住の人気ラーメン店「麺屋 音」の2号店です。
麺はモッチリとした平打ち太縮れ麺で、鶏の旨みが詰まったスープに、芳ばしい生姜の入った「芳醇生姜鶏白湯」と、炙り味噌ダレを加えた「炙り濃厚味噌」が人気です。
店内は高級感が漂い、料亭を思わせる落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりとお食事することができます。
今回はそんな「麺屋 音 別邸」にラーメンを食べに行ってきました!

続きを読む

龍が絹糸を吐くような優雅な滝「吐竜の滝」

f:id:raptor1117:20180926152821j:plain

「吐竜の滝」(どりゅうのたき)は、清里高原の川俣東沢渓谷自然観察園内にある、落差10m、幅15mの滝です。
川俣川渓谷にいくつかある滝の中で最も美しく、岩間から絹糸のように流れ落ち、竜が水を吐くかのように見えるため「吐竜の滝」と名づけられたそうです。
今回はそんな「吐竜の滝」におでかけしてきました!

続きを読む

広大な牧草地で羊やヤギとふれあえる「まきば公園」

f:id:raptor1117:20180925114732j:plain

「まきば公園」は、山梨県の八ヶ岳南麓に広がる県立八ヶ岳牧場の一部を開放してつくられた、広大な緑の牧草地の中で羊やヤギ、ポニーなどの動物とふれあうことができる公園です。
標高1400メートルと高い場所にあり、牧場から雄大な南アルプスの山岳地帯の絶景を堪能することもできます。
今回はそんな「まきば公園」におでかけしてきました!

続きを読む